【経験から話す】中学受験にむけ「成績上がらない」場合の原因と対処法

中学受験にむけ「成績上がらない」場合の原因と対処法

【8月の期間限定】すららキャンペーン
通信教育すららが入会金キャンペーン中。
私も超おすすめのデジタル教材。お早めに!

詳しくはhttps://surala.jp

MIKI

こんにちは、子供2人を中学受験させたMIKIママです。

今回は「中学受験にむけて成績上がらない問題の解消方法が知りたい」という疑問に答えます。

中学受験にむけて成績上がらない場合は、かならずどこかに原因があるもの。

とはいえその原因がどこにあるか見つけるのは難しく、1つずつ原因と思われる問題と照らし合わせて地道に解消していくことが私はおすすめかと思います。

そこで私の経験をもとに、考えられる原因を7つの項目でピックアップ。

きっと7項目のなかに原因となる問題が隠れていると思うので、子供の様子などをじっくりと考えながら原因改善へむけ対処法を実践してみてください。

中学受験にむけ成績上がらない場合の7つ原因と対処法

中学受験にむけ成績上がらない場合の7つ原因と対処法

これまで中学受験をめざす知り合いなどから、この成績上がらない問題について相談を受けてきました。

私の経験からすれば、つぎの7項目が原因となっている恐れがあります。

  1. 勉強面:スケジュール管理ができていない
  2. 勉強面:過去の復習ができていない
  3. 勉強面:理解へつながる解説となっていない
  4. 勉強面:定着要素に欠けている
  5. 勉強面:テスト対策が不十分
  6. 勉強面:素早い疑問解消ができていない
  7. 環境面:家庭環境に問題がある

このなかの1つでも当てはまれば、そのまま放っておくと中学受験失敗へつながりやすくなります。

直ぐにでも対処して、成績上がらない問題を改善することが親の役割。

1つずつの原因と対処法について、私なりに最良と思われる方法をお伝えしていきます。

勉強面:スケジュール管理ができていない

勉強面:スケジュール管理ができていない

私はこちらの記事でも詳しく解説していますが、まずもって「スケジュール管理」は超重要かと。

とくに中学受験対策においては、その内容を充実させるためにも大きなポイント。

このスケジュール管理ができていないと成績上がらない問題へと発展する恐れがあるため、まずは年間の学習スケジュール表作成が効果的な対策になります。

中学受験にむけスケジュール作成をしておくと、つぎのようなメリットが期待できます。

  • 学ぶべきポイントを欠くことなく履修できる(網羅性)
  • 毎日の学習ペース構築につながる
  • モチベーションアップが期待できる
  • 学習内容・範囲で迷わず時間効率アップにつながる

このように学習スケジュールを作成することで、結果的に成績アップが期待できるというもの。

したがって、まずはこの学習スケジュール作成を考えてみるのが成績上がらない問題の解消へむけて、ひとつの効果的な対処法であると私は思います。

もし現時点において、いつも勉強内容に悩みムダな時間が多い、家庭学習スタイルが構築できていない気がする、などの現象がみられるなら学習スケジュール作成を実践してみるのがおすすめ。

学習スケジュール表を作成することで学習ペースが整って、毎日の中学受験対策がスムーズに進むようになるといった効果が期待できるかと思います。(想像するよりも効果大)

中学受験にむけ成績上がらない場合は、まずは学習スケジュールについて考えてみるのがおすすめです。

参考:小学生の家庭学習をより身につける&効率アップさせる進め方のコツ

勉強面:過去の復習ができていない

勉強面:過去の復習ができていない

中学受験にむけ成績上がらない場合に、わりと実践できていないのが「過去の復習」かなと。

私に持論になりますが、中学受験対策のなかでも「復習」というのは最大の効果につながる重要なポイントではないかと。予習などよりも大切なのがこの復習で、実際に成績として反映されるのが復習によって得られた確実な知識ではないでしょうか。

先ほどの学習スケジュールにおいて、この復習を毎日盛り込むのがおすすめの対処法。

平日は前日の復習中心、週末は1週間のまとめ復習、区切りにおいては1ヶ月や学期ごとの復習など、中学受験対策だけではなく普段の成績を上げるためにも復習は超重要なポイント。

とくに私の経験からすると、とにかく毎日何らかの復習をするというのが、より成績上がらない問題解消にむけた効果的な対処法になるかと思います。

いまいちど子供の学習内容を振り返ってみてはいかがでしょうか。

成績が上がらない場合はこの復習が十分にできていない可能性が高いので、家庭学習の内容を徹底的に探って、しっかりと復習が出来ているか確認してみるのがおすすめです。

また復習の効果というのは中学受験対策だけではなく、その後の将来的な成績にも大きく影響を及すかと。

たとえば復習不足によって未理解箇所が残っている場合、もし中学受験で良い結果を残せたとしても、その未理解箇所が原因となって成績の伸び悩みが起こる恐れも十分に考えられます。

とくに積み上げ学習といわれる国語・算数・英語についてはこの傾向が大きくなり、未理解箇所へさらに新たな上積みが行われることで、どんどん苦手が膨らむといった悪循環。

したがって現時点の中学受験対策においても、将来的な成績においても、この復習というのは極めて重要な学習ポイントとなるので、徹底的に力を入れて対応しておくことが私は重要かと思います。

勉強面:理解へつながる解説となっていない

勉強面:理解へつながる解説となっていない

中学受験へむけ頑張ろう!という子供の気持ちとは裏腹に、十分な解説となってない場合も考えられます。

わかりやすく理解へつながる解説を受けられていないため、成績上がらない問題が起こることも。

この場合におすすめの対処法は、もういちど「解説方法」をしっかりと構築するというもの。わかりやすい解説を導入すると今までの成績低下が嘘のように改善される、という場合もあるので極めて効果的です。

とくに子供自身で参考書などを読んで、自分で理解して要点を掴むという学習方法であれば要注意。

外部からの解説がまったくない状態および自身の読解力のみで中学受験対策を進める、一見すると読解力向上にもつながって効果的な対策にも思えますが、じつは間違った理解をしてしまう場合もあるため要注意です。

中学受験対策を子供にすべて任せたうえで確実に理解しろ、といってもかなり厳しいのが現実。

そこで重要となるのが外部による解説で、ここは親の出番でもありますが、どうしても中学受験は教えられない場合であれば、外部委託による学習スタイルなどを考えてみるのもおすすめの対処法です。

もし学習塾へ通わせていないのであれば、とくに成績上がらない問題はこの原因が大きいかなと。

家庭学習のみで中学受験を目指すという場合であれば、外部委託による家庭教師をはじめ、優秀な通信教材などを利用して「わかりやすい解説」を導入することで成績アップが期待できます。

家庭学習方法を今一度振り返ってみて、この「解説の分かりやすさ」についても着目してみるのがおすすめです。

勉強面:定着要素に欠けている

勉強面:定着要素に欠けている

すでにご存じかと思いますが、勉強の基本ともいえるのが「理解&定着」になります。

まずは徹底して理解へつながる学習方法を実践するのが効果的ですが、それだけでは片手落ち。同時に理解した知識をより確実なものにするための「定着」もしっかり行うことが成績アップの重要なポイントです。

この定着において必須となるのが数稽古で、少しでも多くの問題を解くことによって確実な定着へつなげることが期待できるというもの。そのためには多くの演習問題を与えることが大切で、中学受験にむけ効果的となるよう多角的な問題へとりくめる問題集などがおすすめです。

こうしたしっかり定着できないないため成績上がらない、という場合もよく見られます。

いわゆる「理解できていたつもり」という状態が成績上がらない原因となっている可能性もあるので、理解できたうえに定着まで図ることがこの原因における適切な対処法となります。

理解できれば、同時に徹底して定着を図る。

中学受験にむけ成績上がらないという場合は、この「定着」についても着目してみることがおすすめです。

勉強面:テスト対策が不十分

勉強面:テスト対策が不十分

中学受験にむけ成績上がらない場合は、テスト対策においてもチェックしてみるのがおすすめ。

小学生の成績はおもにテスト得点が大きく影響を及ぼすため、いかにテストで高得点を取るかというのは結果的に中学受験へむけ極めて効果的な対策になります。

テストで得点できない原因として、もっとも考えられるのが網羅性不足。

とくにテストのたびに「山を張る」といったテスト勉強をしている場合は、この網羅性について徹底的に考え直してテスト勉強を行うことがおすすめです。

中学受験で結果を出すためには、まずは学校のテストで高得点を目指すことが重要。

テストで高得点をとることで成績アップも期待できますが、同時に中学受験へむけた必須知識も養いやすくなるため、まったく合理的な対処法であると私は思います。

またテスト対策として重要となるのが、多角的に考えられる能力を養うこと。

たとえば問題内容が同じでも「答えから問題を求める」「問題から答えを求める」という2つの出題があった場合は、それぞれ全く別の思考力が必要となるもの。したがってできる限り多角的な思考力を磨いておくことが必須で、結果として成績アップだけではなく、中学受験にむけて効果的な対処法となるかと私は思います。

勉強面:素早い疑問解消ができていない

勉強面:素早い疑問解消ができていない

中学受験にむけ成績上がらない場合は、その場で疑問解消が出来ていない可能性もあるかと。

勉強を進めているとき疑問に感じた場合、その疑問を解消できず残したままにするのは最悪。疑問が残ることで勉強も先へ進められず、モチベーション低下につながる原因となる恐れもあるため極めて悪循環となる可能性も考えられます。

そこで重要となる対処法が、素早い疑問解消の実践。

できる限り子供が疑問に感じたとき即解消することができれば最適ですが、もし難しいようであればこれも外部委託などによる疑問解消方法の導入がおすすめです。

外部委託というのは家庭教師や通信教材を利用した疑問解消方法で、その場で即解消へつなげられるため素早い対処法としてかなり効果的。もし親の対処が困難であれば、こうした外部委託方法というのも極めて適した解消法になります。

とくに素早い疑問解消がかなり重要である理由としては、中学受験対策すべてにおいてスムーズに進まなくなるため。いわゆる滞った状態となって悪循環に陥ってしまう恐れがあるため、できる限りその場で素早い疑問解消を実践することが最良といえる対処法になります。

この疑問解消もわりと改善必須の原因となるので、かなり力を入れて考えてみるのがおすすめです。

環境面:家庭環境に問題がある

環境面:家庭環境に問題がある

中学受験にむけ成績上がらないとき、勉強とは別の原因として「家庭環境の見直し」もおすすめ。

もしかすると家庭環境が原因となって成績上がらない状態になっている場合も多く、直接的に勉強とは関わらない問題ですが、間接的に成績へ影響を及ぼす重大原因となることも考えられます。

とくに小学生という時期は敏感なもので、家庭環境に少しでも不穏な空気感を感じ取って、その結果勉強へ影響を及ぼすことが十分に考えられるもの。したがって勉強しやすい環境であるか、今一度振り返って考えてみる必要があると私は思います。

とくに夫婦間問題などは子供へ悪影響を及ぼす大きな要因となるため、いくら険悪な関係となったとしても、子供へその空気を感じさせないことが重要。しっかりと中学受験対策に集中できる環境を整えておくことが、親としての重大な務めでもあると思います。

夫婦間の問題に限らずとも、その他の家庭環境への問題があれば見直してみるのがおすすめ。

もしかすると勉強部屋に声が聞こえてきて集中できないといった理由も考えられるので、家庭内を見渡してみて「勉強の邪魔になる部分」を総合的に考えてみるのがおすすめの対処法です。

MIKI

ここまでが「中学受験にむけ成績上がらない原因と対処法」になります。

次の項目では、私のおすすめ学習スタイルについてお話しします。

もし中学受験にむけた成績アップに興味があれば、ぜひ覗いてみてください。

矢印

中学受験にむけ成績上げるための学習スタイル

中学受験にむけ成績上げるための学習スタイル

中学受験にむけた成績アップ対策として、おすすめの学習スタイルは次の通りです。

  • スタイル①学習塾・家庭教師
  • スタイル②通信教材(デジタル式)
  • スタイル③通信教材(オンライン式)

すべてご存じの学習スタイルかと思うので、それぞれの特徴を交えながら解説します。

いずれもメリット・デメリットを同時に考えたうえで、より最適と思える学習スタイルを選んでみてはいかがでしょうか。

スタイル①学習塾・家庭教師

スタイル①学習塾・家庭教師

スケジュール管理
学習目標の設定
定着要素
宿題などによる
過去の復習
宿題などによる
テスト対策
基本的になし
わかりやすい解説
いずれもほぼ完璧
素早い疑問解消
集団塾以外は可能
メリット学習塾:中学受験専門であればかなり効果的。
家庭教師:マンツーマン指導で疑問解消がしやすい。
デメリット学習塾:通塾にかかる時間がムダ。
家庭教師:対人関係が苦手な場合は難しい。

中学受験において成績上がらない問題を、一般的に解消しやすいのが「学習塾・家庭教師」であると私は感じます。

いずれの学習スタイルも講師がいてくれることで安心感が高く、とくに中学受験専門の学習塾であれば極めて適した受験対策が可能。また家庭教師についても中学受験の経験者を選ぶことで、より出題傾向など多くの情報を得やすいため効果的な学習スタイルです。

ただし学習塾の場合はジャンルがあり、そのなかでも集団塾はもっとも疑問解消しづらいのが難点。またテスト対策なども家庭学習として独学で取り組まなければいけない、といったデメリットもあります。

また学習塾を選ぶ場合であれば「通塾」における問題も考えておくことが必須で、時間が無駄になるのは想像通りですが、とくに帰り道など暗闇を帰ってくる状況なども念頭に置いておくことが重要です。

それに比べて訪問型の家庭教師は通塾不要のため、時間効率としては極めて効果的。さらに学習範囲も広く融通も利きやすいため、中学受験対策として高い効果が期待できるスタイルになります。

人気の学習塾や家庭教師はすぐにソールドアウトになる可能性があるため、できれば早めに契約を済ませておくことがポイントの一つになります。

参考:中学受験合格に向けた「訪問型の家庭教師」で絶対に失敗しない選び方

中学受験合格に向けた「訪問型の家庭教師」で絶対に失敗しない選び方
子供2人の中学受験経験をもとに「中学受験合格に向けたおすすめ家庭教師の選び方」を詳しく紹介します。知っておいて損のない情報はもとより超優秀な家庭教師3選も抜粋していますのでぜひ参考までにどうぞ。

スタイル②通信教材(デジタル式)

スタイル②通信教材(デジタル式)

スケジュール管理
学習スケジュール表の搭載
定着要素
豊富な演習問題
過去の復習
ドリル問題などにより可能
テスト対策
テスト機能
わかりやすい解説
映像授業
素早い疑問解消
AIシステム搭載
メリットすべての学習要素(コンテンツ)が揃っているため極めて効果的。子供1人でも自動進行で中学受験対策ができる。
デメリット中学受験の難問(応用)対策まではできない。インターネット端末や操作に慣れるまでに多少の時間を要する。

中学受験にむけて成績上がらないという場合に、かなり効果的といえる学習スタイルがこの「デジタル式の通信教材」かと思います。

家庭学習として必須となるコンテンツが揃っている「オールインワン教材」のため、すべて子供任せで効果的な中学受験対策が可能。とくに映像授業でよく理解できて、さらに豊富な問題で定着が期待できるため、かなり高い学習効果が見込めるスタイルになります。

1つだけデメリットをいえば中学受験の難問までは対策できないという部分で、基礎範囲においては十分な対策ができますが、特殊問題の履修までは出来ないためここは注意が必要です。

したがって中学受験の難問対策においては、この次の解説する「オンライン指導」でカバーするのがおすすめ。まずはこのデジタル式で基礎範囲をしっかりと対策して、成績向上が見られたらそのうえでオンライン指導による難問対策をするというのもおすすめの利用方法になります。

またデジタル式の通信教材は、テスト機能などによる成績向上が期待できるのもメリット。中学受験にむけた成績上がらないという問題を解消しやすく、しかも基本的な部分についてはしっかりと学べるため受験対策としても効果的な学習スタイルです。

参考:小学生の家庭学習におすすめ「徹底復習」できるデジタル教材3選

小学生の家庭学習におすすめ「徹底復習」できるデジタル教材3選
子供2人を中学受験させた経験から「小学生の家庭学習で復習におすすめのデジタル教材」を3選まで徹底的に絞り込んで紹介します。小学生の復習に重要となるのが「基礎理解&定着」ということをお忘れなく。

スタイル③通信教材(オンライン式)

スタイル③通信教材(オンライン式)

スケジュール管理
学習目標の設定
定着要素
宿題などによる
過去の復習
宿題などによる
テスト対策
要望すれば可能
わかりやすい解説
ほぼ完璧
素早い疑問解消
可能
メリットマンツーマン指導で中学受験全般において極めて効果的な対策ができる。蕎麦屋い疑問解消によってスムーズな中学受験対策が期待可能。
デメリット積極的に質問できる性格でなければメリットを十分に得られにくい。講師との相性によって学習効率などがやや異なってくる。

中学受験にむけ成績上がらない場合に、その場で疑問解消へつながるアドバイスを得られる学習スタイルでおすすめです。

いわゆる訪問型の家庭教師が、そのままオンライン式になったのがこの学習スタイル。

したがってマンツーマン指導による学習効果はもちろん、オンラインによる手軽さや全国区による優秀な講師を見つけやすいといった、メリットの多いスタイルになります。

講師の中には中学受験の経験者も多く在籍しており、さすが全国区といえるオンライン指導。

現時点における問題解消としても極めて有効ともいえ、自由に質問できるため成績アップ対策としてかなり効果的。また中学受験における質問もできるので、将来的にも効果的といえる学習スタイルです。

したがって現時点の成績上がらないという問題への最適な対処法としておすすめ、しかも中学受験対策としても極めて効果的といえる優秀な学習スタイルかと私は感じます。

どんな相談でも可能なので、成績上がらない問題解消としてまずは利用されるのもおすすめです。

参考:中学受験におすすめ「オンライン家庭教師3選」および失敗しない選び方

中学受験におすすめ「オンライン家庭教師3選」および失敗しない選び方
子供2人を中学受験させた経験から小学生向けの「中学受験におすすめオンライン家庭教師」を3選にしてピックアップしました。またオンライン家庭教師の選び方も参考になさってみてください。

中学受験におすすめ学習スタイル比較一覧

MIKI

中学受験にむけ成績上がらない問題の、解消としておすすめ学習方法を比較一覧でまとめます。

それぞれの学習スタイルをクリックすると、先ほどの詳しい解説項目へ戻ります。

学習スタイル学習塾・家庭教師通信教材(デジタル)通信教材(オンライン)
スケジュール管理
過去の復習
わかりやすい解説
定着要素
テスト対策
素早い疑問解消

 

まとめ

 

今回は「中学受験にむけ成績上がらない解消方法が知りたい」という疑問に対して、

中学受験にむけ成績上がらない場合の7つ原因と対処法

中学受験にむけ成績上げるための学習スタイル

という形をもって、私の経験をもとに答えてきました。

 

中学受験にむけ成績上がらない場合、そのまま放置しておくのは要注意。

すぐにでも改善策を実施することが重要で、原因によっては成績が下がる一方、中学受験失敗、といった最悪の状況に陥ることが考えられるため即対処することをお勧めします。

私自身も知人はじめ中学受験を志望する家庭から、成績上がらない問題について数件の相談を受けてきました。とくに多かった原因が「スケジュール管理不足」という部分で、そもそも中学受験対策をおこなう準備が整っていなかったというもの。

したがって中学受験対策としてまずはスケジュール作成を行うことが効果的な対処法で、それをベースに中学受験対策をおこなうことで「自ずと良い方向へ進みやすくなる」という結果がみられたのは事実です。

スケジュール作成がしっかりと出来ていれば学習内容もわかりやすく、中学受験で重要となるポイントも落とすことなく効果的な受験対策ができるかと。まずはこのスケジュール作成を行ったうえで、さらに成績上がらないと思えば紹介した施策を実践してみてください。

中学受験にむけ成績上がらないという場合の、改善策として今回の内容をお役立てください。

タイトルとURLをコピーしました