中学受験に効果的な「低学年からの先取り」に慣れる3つの勉強方法

中学受験に効果的な「低学年からの先取り」に慣れる3つの勉強方法

中学受験にとても効果的なのが低学年からの先取りです。

私の家庭でも低学年から先取り学習をスタートしましたが、思った以上に中学受験だけではなく小学校生活にプラスとなりました。

しかし先取り学習というのは簡単そうに見えて、なかなか難しいものです。

そこで受験対策のためにも「低学年からの先取り」がしやすく慣れやすい方法についてご紹介します。

  • 中学受験に向けて低学年から先取り学習をさせておきたい。
  • 低学年の先取りが中学受験に効果的といわれて気になっている。

そんな方にはおすすめの内容になるかと思います。

小学校低学年からの中学受験にむけた勉強方法として参考にしてみてください。

中学受験に効果的な「低学年からの先取り」に慣れる3つの勉強方法

中学受験に効果的な「低学年からの先取り」に慣れる3つの勉強方法

低学年におすすめの先取り方法は、つぎの3つがおすすめです。

  1. 参考書を購入する
  2. 家庭教師を利用する
  3. 通信教育(ネット教材)を利用する

この3つの先取り方法について、メリット・デメリットなどをご紹介します。

低学年の先取り方法①参考書を購入する

すこし先の分野が掲載された参考書を購入して、自分で理解しながら先に進んでいく勉強方法です。

この先取り方法は実感的に”先の勉強をしている”というモチベーションに関わる部分が大きく、参考書を購入するために書店へ行くと子供も楽しみながら探す場合もあるほどです。

ただし先取り学習のもっとも難しい部分でもありますが、子供自身の力で理解するか、または親が一緒になって先の部分を説明して理解させる必要があります。

低学年の先取り方法②家庭教師を利用する

参考書を使った先取り方法よりも、さらに確実な勉強するためには「家庭教師」がおすすめです。

思った以上に家庭教師というのは先取り学習をよく理解している場合が多く、大学生講師でもきちんと教えてくれて先取り学習に慣れやすい環境を作ってくれるため効果的な方法です。

ただしデメリットは高い費用。

この費用面さえカバーできれば、家庭教師は先取りのしやすい方法です。

低学年の先取り方法③通信教育(ネット教材)を利用する

小学生の勉強方法として「通信教育」というスタイルもありますが、じつは費用も安く先取り機能などによって意外と勉強になる教材が多いです。

通信教育には昔からあるスタイルの”紙教材”と、最新のシステムによってインターネットを使って勉強できる”ネット教材”の2つがあります。

ここで選びたいのが「ネット教材」のほうで、さらに「無学年制」の教材であれば簡単に先取り学習ができるためおすすめの勉強方法となります。

さらに学習塾や家庭教師ではまずムリな「将来の授業」というのも映像授業搭載のネット教材では可能で、もっとも理解しやすく効率良く先取り学習が出来るおすすめな方法です。

低学年からの先取りが中学受験に効果的な理由

低学年からの先取りが中学受験に効果的な理由

  • 中学受験の出題範囲を広くカバーできる
  • 必然的に小学生の範囲がよく理解できて成績アップにつながる
  • 初めは大変でも毎日の勉強時間に余裕がもてるようになる

理由①中学受験の出題範囲を広くカバー

中学受験があるのは私立校なので、公立高校入試のように「一筋縄」ではいかないのが一般的です。

したがって中学入試では直球だけではなく「変化球(応用問題)」にしっかりと対応する必要があるため、今だけではなく”少し先”も見据えておくことが大事。

ギリギリ小学生の範囲を抑えつつ中学生を予想させる問題が出されるので、なるべく対応するためには先取り学習が効果的です。

理由②小学生の範囲がよく理解できて成績アップ

先取り学習をすることで、おのずと小学生の範囲を網羅することになります。

その結果として普段やるべき勉強範囲も効率良く理解していけるため、成績アップにつながることが期待できる勉強方法です。

「いまが理解できているから先に進める」

というのが先取りにあるメリットの1つです。

理由③毎日の勉強時間に余裕がもてる

先取りをすることで毎日の学習にも余裕をもって取り組むことができるため、学校の授業なども復習感覚で受けることができます。

したがって心のゆとりが生まれることによって勉強にも余裕ができ、頭の中がこんがらがることなく整理しながら勉強を継続できるのも先取りのメリットです。

とくに小学校低学年から先取り習慣を身につけているとこの余裕が当たり前になるため、より中学受験にとってプラスの方向へ進むことができます。

まとめ

中学受験に効果的な「低学年からの先取り」に慣れる3つの勉強方法

  1. 参考書を購入する
  2. 家庭教師を利用する
  3. 通信教育(ネット教材)を利用する

低学年からの先取りが中学受験に効果的な理由

  • 中学受験の出題範囲を広くカバーできる
  • 必然的に小学生の範囲がよく理解できて成績アップにつながる
  • 初めは大変でも毎日の勉強時間に余裕がもてるようになる

これで「低学年の先取り学習に慣れて効果的な中学受験」を実践できます。

小学生の受験対策は”高学年になってから”という動きもありますが、じつは低学年のころから先取り学習を身につけておいたほうがより効率アップします。

低学年のころから早めに対策を打って、余裕をもって中学受験対策をしてきましょう。

 

 人気記事 

【中学受験】実際やってわかった小学校低学年におすすめな3つの教材

コメント

タイトルとURLをコピーしました