低学年からの中学受験対策「算数の基礎固め」におすすめ問題集ベスト3選

低学年からの中学受験対策「算数の基礎固め」におすすめ問題集ベスト3選

MIKIママ

こんにちは、子供2人を中学受験させたMIKIママです。

中学受験にむけた算数力は、小学生低学年から基礎固めをしておくのが超有効。

とくに5教科の中でも算数というのは積み上げ学習になるので、基礎を理解できていないとどんどん「わからない」が積み重なって取り戻すのがかなり難しくなってしまう教科。

そこで子供2人に小学生低学年から中学受験勉強させた経験から、間違いなく算数の基礎固めに有効と感じた問題集を3つピックアップしたので紹介します。

もし本気で算数力をアップさせたい場合は、ぜひ家庭学習に取り入れてみてください。

中学受験「算数の基礎固め」におすすめ問題集3選

中学受験「算数の基礎固め」におすすめ問題集3選

中学受験算数の基礎固めできる問題集には紙教材だけでなくデジタル教材もあります。総合的に体験した結果、とくに秀逸だったデジタル教材1つ紙教材2つを紹介します。

算数の総合的な基礎固めにおすすめデジタルAI問題集

「RISU算数」

RISU算数

公式サイトはこちら

RISU算数

RISU算数のおもな特徴

小学生算数の基礎~応用まで対応、AIシステムによる苦手対策、考えないと解けない問題、10,000以上の問題数、講師の動画サポート、中学受験対策

問題数の多さが特徴のRISU算数

小学生の算数をすべて勉強できるデジタル教材で、中学受験の基礎固めはもちろん総合的な過去問題集といった使い方もできる便利なタブレット学習教材です。

とにかく問題数の多さが特徴のRISU算数ですが、入っている問題はすべて文章題。まったく選択式問題がなく書き込み式ということで”当てずっぽう”では当たらない仕組みになっています。

RISU算数の書き込み式問題

たとえば筆算問題なども答えを当てるだけでなく、解く過程も正しく記入しないと正解になりません。

一般的な算数問題集ではここまで厳密にチェックされることはありませんが、RISU算数の場合は全ての問題でこういった「精密な答え方」を要求してくるので中学受験の基礎固めにぴったりの問題集です。

さらにAIシステムによって間違った問題が優先して表示されるなど、徹底した苦手対策も得意。

無学年方式

無学年方式なので、さかのぼり学習や先取り学習もまったく自由。小学生低学年から算数全般をしっかりと定着させることが期待できるタブレット学習教材になると私は思います。

専用タブレットで学習するRISU算数は、スラスラと使いやすさもバツグン。

ややタッチペンの先が太く細かなタッチが難しいといったデメリットもありますが、余白を使って自由に計算式を書き込めるなど勉強しやすいのも特徴のひとつです。

タッチペンの先が太い

タッチペンの使いにくさもあって完璧とまではいいませんが、かなり中学受験の基礎固めには効果的。

RISU算数は小学生算数の基礎から応用までとりくめて、さらに中学受験に向け算数力を鍛えるのに間違いなくおすすめのデジタル教材になります。

ほかの問題集で算数をここまで掘り下げてとりくめる構成というのはまず見ないので、もし紙教材を考えるなら私はまずこの「RISU算数」を選んでおけば間違いないと強く感じています。

このRISU算数が1つあれば小学生の算数はもとより、中学受験の基礎固めまですべて対応できます。

中学受験算数の計算力、図形問題、応用力すべてに対応しているので、まさにこれ以上の問題集ははない!といった優秀なデジタル教材です。

RISU算数✅ RISU算数の詳細はこちら

RISU算数

1万問以上をAIシステムによって学習できます。もし辞めても違約金などの発生もなく安心です。

私のレビュー:【中学受験】低学年からRISU算数で徹底的に算数を勉強させた感想

 

計算力の基礎固めにおすすめ

「中学入試基礎ドリ 算数」

中学入試基礎ドリ 算数

中学入試基礎ドリ算数のおもな特徴

本冊60ページ以上&別冊30ページ以上で問題数豊富、4回の繰り返しスタイルで定着を図れる、中学受験の重要問題のみ、時間との両立に強い

一般的な算数問題集で、小学生低学年から中学受験にむけとくにおすすめだったのがこちら。

小学生全般の算数問題のなかから中学受験に出題される重要問題がピックアップして掲載されているので、理解できた単元から片っ端に基礎固めをしていける問題集です。

B5版の問題集なのでサイズ感としては小さめですが、ページ数は結構なもので問題数もかなり多め。

4回の繰り返し学習というスタイルで定着を図る、時間との兼ね合いを考えながら解ける仕組みが特徴という、中学入試に向けて確実性の高い家庭学習が期待できる問題集ではないかと思いました。

もし紙教材がいい!ということであれば、私はまずこの算数問題集をおすすめします。

図形問題の基礎固めにおすすめ

「図形プリント」

図形プリント

図形プリントのおもな特徴

教科書に出てこない図形問題が中心、平面・立体図形とも学べる、立命館小学校で実績をあげたマル秘プリントあり

知る人ぞ知る「陰山式教材」の1つで、中学受験算数の図形問題に焦点を当てた問題集です。

この問題集があれば小学生の図形問題はほぼほぼクリアできるのではというほど理解しやすい内容で、とくに学校で習わない図形問題が中心になっているのでとくに私立中学受験へおすすめ。小学生低学年からこの図形問題集を取り組んでいれば、かなりの確率で図形を得意分野にすることが期待できます。

内容としては色付きで詳しく図形の理屈が解説されているので小学生低学年でもわかりやすく、またイラスト付きで楽しさを感じながら算数学習できるのも陰山式の特徴。

おまけでついてくるマル秘プリントもぜひお楽しみに!

中学受験算数における基礎固め問題集の選び方

中学受験算数における基礎固め問題集の選び方

中学受験算数の基礎固めにおすすめの問題集を探すとき、私がもっとも重要と感じる3つのポイントについて解説します。

より多くの情報量を求めるなら「デジタル教材」

より多くの情報量を求めるなら「デジタル教材」

中学受験算数の基礎固めができる問題集には「デジタル教材」「紙教材」の2パターンありますが、より多くの情報量を求めるなら間違いなく「デジタル教材」がおすすめです。

たとえば私が実際に利用したデジタル教材RISU算数などは、搭載される問題数が10,000問以上。

紙教材の問題集と比較すると大幅に多くの情報量でとりくめるので、とくに”数稽古”で定着を図る算数などはぴったりの問題集となります。

さらに最近のデジタル教材ではAIシステムによる超効率的な学習(自動の苦手対策など)を実践できることもあって、紙教材よりも大幅にわかりやすく理解につながる家庭学習ができます。

またデジタル教材では小学生の算数全般を勉強できるので、中学受験に対して総合的に復習できる、過去問題集を購入しなくて済むといったメリットも期待できます。

どう考えてみてもメリットが大きいので、もし中学受験算数の基礎固め問題集に迷ったら私はデジタル教材を強くおすすめします。

とにかく「問題数」の多さが大事

とにかく「問題数」の多さが大事

小学生低学年から算数を定着させるため、問題集でとくに重要となるのが「問題数の多さ」です。

算数というのは”数稽古”をするほど定着率が向上するともいわれる教科であり、問題集には少しでも多くの問題掲載されていることが小学生低学年にとってより好ましい姿になります。

1つの単元から作成される問題数は変わらないため、多くの問題数が掲載されるということは「少しずつ違った角度」から問題作成されているということ。

つまり同じ単元でも様々な角度から問題を解くことができるため、より中学受験への対応力が期待できる問題集ということの証でもあります。

したがって中学受験算数の基礎固めにおすすめの問題集では、より多くの問題数が掲載されていることも重要なポイントの1つになります。

わかりやすく「最終理解」まで到達できる解説

わかりやすく「最終理解」まで到達できる解説

いくら多くの問題数が掲載されていても、結局は「最終理解」にまで辿りつかなければ意味がありません。

この最終理解というのは何とか解けるけど理解できてない部分があるといった不完全さを取り除くことで、しっかりと分かりやすく詳しい解説のある問題集が望ましいといえます。

一般的な問題集というのは問題と答えのみが掲載されている場合がほとんどですが、優秀な問題集では「答えに達するための考え方」までしっかりと掲載されています。

この傾向はとくにデジタル教材に多く、紙学習ではやや限界があるというのが現状です。

したがってデジタル教材を中心に「最終理解まで辿りつける問題集」を探すことで、より中学受験算数の基礎固めに効果的な問題集を見つけることにつながります。

まとめ

MIKIママ

今回は「中学受験算数の基礎固めにおすすめの問題集」ということで、私が実際に経験してピックアップした3選および選び方についてお話ししてきました。

問題集の選び方1つで、中学受験算数の学習効果は大きく違ってきます。

より大きな学習効果を得るため、またより効率的でメリットの大きい家庭学習を実現するためにも、徹底的に優秀な問題集を探し出すことをおすすめします。

タイトルとURLをコピーしました