お知らせ ►►

すららキャンペーン

MIKI通信教育すららが7月31日まで、入会金キャンペーンやってます。

✅ 詳しくはhttps://surala.jp 私のレビュー:すららの口コミ

【小学生低学年】発達障害におすすめ「支援専門家」のタブレット学習

発達障害におすすめ「支援専門家」のタブレット学習

こんにちはMIKIママです。今回は発達障害の小学生に間違いなくおすすめタブレット学習をご紹介します。

じつは私は普段「発達障害コミュニケーション指導者」という資格などをもって、発達障害のある小学生や中学生と関わっています。

発達障害コミュニケーション指導者

そこでいろいろと勉強方法(家庭学習・タブレット学習教材)などを探っていて、その中でもっとも発達障害のある小学生におすすめといえる内容のタブレット学習教材があります。

詳しく解説していきます。

小学校低学年からの中学受験にむけた勉強方法として参考にしてみてください。

発達障害の小学生におすすめ「支援専門家」のタブレット学習

発達障害の小学生におすすめ「支援専門家」のタブレット学習

タブレット学習「すらら」の公式サイト

https://surala.jp/ 

発達障害のある小学生におすすめなのは「すらら」というタブレット学習教材です。

タブレット学習「すらら」が、発達障害のある小学生におすすめの理由がこちら。

  1. 発達障害支援の専門家と大学教授が監修している。
  2. 無学年制で好きな分野を勉強できる。
  3. 映像授業の説明がゆっくりで少しの範囲だけ確認問題が出される。
  4. キャラクターや対話型アニメーション授業で「楽しさ」がある。

さらに理由について詳しく解説します。

おすすめの理由①発達障害支援の専門家と大学教授が監修している

おすすめの理由①発達障害支援の専門家と大学教授が監修している

発達障害の小学生に、もっともおすすめと感じる理由が「専門家監修」のタブレット学習だから。

たとえば家庭学習で勉強を教えていて‥

「1+1=11」

という答えになってしまい「どうしても理解してくれない‥」ということはないでしょうか。

算数以外の教科でも同じようになかなか理屈をわかってくれないため、どうやって教えたらいいのか‥と悩んでしまう場面もあると思います。

そんな教え方のわからない場面に、すららが親の代わりにわかりやすく教えてくれます。

私も子供2人の受験勉強にタブレット学習「すらら」を利用しましたが、とくに小学生低学年のころは「この教え方だったら発達障害のある小学生にもわかりやすいなぁ」と感じていました。

さすが発達障害支援の専門家が作っただけあるなって。

このようにタブレット学習「すらら」は発達障害支援の専門家を中心として大学教授も巻き込んだチチームによって開発されているため、間違いなく発達障害のある小学生におすすめといえる教材です。

おすすめの理由②無学年制で好きな分野を勉強できる

おすすめの理由②無学年制で好きな分野を勉強できる

発達障害があると、どうしても学力が低下しがちだと思います。

したがって「今の学年よりも下の範囲」を勉強させたいものですが、通信教育全般にいえることで現在の学年を選んで契約をするのが一般的です。

そこで選びたいのが「無学年制」のタブレット学習です。

この「無学年制」というのは一般的な学年制とは違って、現在の学年を選んで契約をするのではなく「自由な範囲を取り組める契約」になります。

したがって発達障害で学力が追い付かないという場合に「下の学年」を勉強できるので、本当の意味において家庭学習に役立つタブレット学習教材になります。

おすすめの理由③映像授業の説明がゆっくりで少しの範囲だけ確認問題が出される

おすすめの理由③映像授業の説明がゆっくりで少しの範囲だけ確認問題が出される

私がおすすめするタブレット学習教材「すらら」の大きなメリットとして、わかりやすく優秀な映像授業の搭載が挙げられます。

このタブレット学習教材「すらら」に搭載された映像授業というのは「対話型アニメーション授業」というもので、子供に話しかけるように住串ずつ解説するのが特徴です。

また少しだけ解説をして、その範囲の確認問題が出される。

これを繰り返す授業のため発達障害で理解が困難な場合でも頭に入りやすく、誰でも確実性の高い進み方で授業を受けることができます。

おすすめの理由④キャラクターや対話型アニメーション授業で「楽しさ」がある

おすすめの理由④キャラクターや対話型アニメーション授業で「楽しさ」がある

発達障害があると「興味が持てないものにはまったく見向きもしない」のではないでしょうか。

まず勉強に取り組むためにはキッカケが重要ですが、そのキッカケ作りでもっとも必要となるのが子供が興味を持つための「楽しさ」があることです。

子供はどんなものに興味を示すか?

これについては「誰でもほぼ確実に興味を持てるもの」が必要になりますが、無条件で興味を持てる者の代表がキャラクターやアニメーション(まんが)になります。

そんな「楽しさ」の要素がしっかりと組み込まれているため、タブレット学習教材「すらら」は発達障害のある小学生におすすめといえる教材です。

タブレット学習「すらら」は無学年制で5教科+検定を勉強できる教材です。まずは無料体験をなさってみてはいかがでしょうか。

「すらら」の無料体験はこちら

https://surala.jp/ 

発達障害の小学生におすすめのタブレット学習の選び方

発達障害の小学生におすすめのタブレット学習の選び方

発達障害のある小学生におすすめのタブレット学習教材というのは闇雲に選んでしまうと失敗してしまいます。そこで選び方のポイントを3つご紹介します。

①無学年制であること

先ほどもご紹介したように、発達障害があることで学力低下が問題になります。

家庭学習としてタブレット学習教材を‥と探してみても、どれも「今の学年しか勉強できない」という部分がネックで取り組みにくいのが現実です。

したがってタブレット学習の選び方でも、とくに重要となるのが「無学年制」という仕組みです。

無学年制のタブレット学習教材では好きな範囲を取り組めるため、学力が及ばない場合でも分野や単元を選んで自由にとり組めるため発達障害がある場合にはおすすめです。

②楽しさが感じられること

発達所外の特性として「自分が興味の持てないものには無反応」というものがあります。

したがって家庭学習を嫌がる場合には、まず興味の持てるきっかけ作りが必要と言われています。

何であれば興味を持てるのか?については、普段の生活からも分かるように「楽しさ」がまず初めに挙げられるのではないでしょうか。

そんな「楽しさ」をストレートに感じるためには、キャラクターやアニメーションが使われたタブレット学習教材を選ぶことがポイントになります。

③本当にわかる仕組みがあること

タブレット学習教材をくまなく探ってみると、とくに「理屈を理解するための部分」というのが大きく異なっているものです。

つまり「発達障害でも理解できるかどうか?」の部分。

発達障害があるとストレートに教えたところで理解につながらないものですが、少しずつゆっくりと、さらに「動き」を使って説明することでやっと理解を示してくれます。

とくに私がおすすめなのが「わかりやすい映像授業があるかどうか?」という部分。

本当にわかる仕組みのあるタブレット学習教材を選ぶことで、興味を持ってとりくめて理解も出来る家庭学習を実践することができます。

発達障害におすすめ「支援専門家」のタブレット学習まとめ

発達障害のある小学生におすすめのタブレット学習教材・選び方についてご紹介してきました。私の経験からもこれでより良い家庭学習につながるはずなのでぜひ参考になさってみてください。

発達障害支援の専門家によるタブレット学習というのは、私が知る限りではご紹介をしてきた「すらら」しか知りません。もしほかに同じようなタブレット学習があればそちらでも構いません。

ぜひ本当に発達障害のことを理解して作られたタブレット学習で、いま抱えている疑問や問題を解消なさってみてください。

タブレット学習「すらら」公式サイト

https://surala.jp/ 

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました