中学受験に役に立つ小学生の生活習慣について

中学受験に役に立つ小学生の生活習慣について

小学生新聞

中学受験には社会時事問題も出題されることが多いので「小学生新聞」を定期購読することをお勧めします。

小学生新聞には昨今の様々な社会情勢が分かりやすく掲載されているので、大人と一緒に楽しく読み解くことができます。

小学生新聞は各社それぞれ出版されているので、まずは全ての小学生新聞を無料購読して、好みの新聞を選ぶといいと思います。個人的には朝日新聞が分かりやすく良かったです。

✅ 公式サイトはこちら:朝日小学生新聞・朝日中高生新聞

小学生新聞の詳しい口コミ

 

またレベルが高い中学受験を志しているならば、中学生新聞の購読も選択の一つだと思います。

中学生新聞は週に一度のウィークリー新聞となっています。

週に一度の新聞に社会時事が要約されています。

新聞を読む時間を取るのが難しいようならば、効率よく社会時事問題を学べる中学生新聞は時間短縮にもなります。

 

中学受験のために必要な勉強は小学生では習う勉強ではカバーできないことが多いので、進学塾に通うことをお勧めします。

進学塾は試験などでクラスが決まることが多いですが、無理して高いレベルのクラスに入るよりも、一つレベルが下のクラスに入るのがお勧めです。

精神的に余裕が出ることがとても大切です。

 

参考書等選びは受験する中学校のレベルにも異なりますが、大切なのは同じ参考書を繰り返し読むことです。

最低でも3回は読み返すことをお勧めします。個人的には5回読むことをお勧めします。

問題集も同じです。

全て正解できるようになるまで何回も繰り返すことが大切です。

新しい問題集などを数をこなすよりも確実に力がつきます。

経済的にも節約になります。

 

小学校の先生にも早いうちから中学受験を志している旨を伝えることをお勧めします。

先生にもよりますが、理解がある先生は自習の時間など中学受験に必要な参考書などを使った自習を許可してくれる場合があります。

国語の勉強ですが、問題には関係なくてもわからない言葉(ことわざや熟語)など文章中に出てきたときは立ち止まりその都度調べていくことが大切です。

この繰り返しで驚くほど国語力アップが期待できます。

また勉強も楽しくなります。

気分転換に小説などの本を読むこともお勧めです。

参考書等では得られない読解力が身に付きます。

 

受験は時の運にも大きく左右されるので、可能な限り複数の中学校を受験することがお勧めです。

無理かもしれないけど行きたい中学校があるならば是非受験することをお勧めします。

また合格圏内であったも滑り止めは受けておいた方が良いでしょう。

 

規則正しい生活が最も重要となります。夜遅くまで勉強はしないほうが良いです。

特に夏休みなどの長期の休みなどでは、図書館などに出向き昼間勉強することをお勧めします。

メリハリがつき勉強することが楽しくなります。

何はともあれ楽しく勉強するのが一番です。

可能であれば親も一緒に勉強すると楽しくなります。

MIKIママ

こちらも参考までに

中学受験におすすめオンライン家庭教師3選と選び方

コメント

タイトルとURLをコピーしました