【1月いっぱいまで限定】
すららキャンペーン情報通信教育すららが入会金キャンペーン中。

✅ 詳しくはhttps://surala.jp

経験で解説!浜学園の口コミ・評判・中学受験効果・月謝など総合評価

浜学園の口コミ・評判・中学受験効果・月謝など総合評価

MIKI

こんにちは、子供2人を中学受験させたMIKIママです。

今回は「浜学園の口コミや中学受験効果などが知りたい」という疑問に答えます。

中学受験対策といえば浜学園!といわれるほど、国内でもトップレベルにおすすめの進学塾。

とはいえ本当に受験効果が期待できるの?口コミはどうなの?などの疑問に対して、

ひとつの選択基準ができるよう詳しく探ってレビューしていきます。

もちろん浜学園の口コミや評判だけではなく、月謝や総合的な評価についても徹底追及!

子供を中学受験させた経験をもとに、ガチで本音の感想として私自身の口コミも交えながら、浜学園の全体像について詳しく探っていきます。

浜学園✅ すぐにでも「無料体験させたい」という場合はこちら。

→ 【中学受験】進学教室浜学園

※記事中の画像は浜学園公式サイトより引用いたしております。

  1. 浜学園の口コミ・評判情報
    1. SNS(ツイッター)にある浜学園の口コミ・評判
    2. Yahoo知恵袋にある浜学園の口コミ・評判
    3. 浜学園の口コミ・評判を見た感想
  2. 浜学園のコース・クラス分け
    1. 浜学園のコース設定
    2. 浜学園のクラス分け
    3. 浜学園「コース・クラス」の口コミ評判
    4. 浜学園「コース・クラス」の感想
  3. 浜学園のカリキュラム
    1. 浜学園「カリキュラム」の感想
  4. 浜学園の教材(テキスト)
    1. 浜学園「教材」の口コミ評判
    2. 浜学園「教材(テキスト)」の感想
  5. 浜学園のテスト
    1. 浜学園「テスト」の口コミ評判
    2. 浜学園「テスト」の感想
  6. 浜学園の夏期・冬期・春季講習
    1. 浜学園「講習」の口コミ評判
    2. 浜学園「講習関係」の感想
  7. 浜学園のWebスクールについて
    1. 浜学園「Webスクール」の口コミ評判
    2. 浜学園「Webスクール」の感想
  8. 浜学園の講師について
    1. 浜学園「講師」の感想
  9. 浜学園の合格実績
    1. 浜学園「合格実績」の口コミ評判
    2. 浜学園「合格実績」の感想
  10. 浜学園の比較情報
    1. 浜学園「比較情報」の口コミ評判
    2. 浜学園「比較情報」の感想
  11. 浜学園で成績が上がらない場合の勉強方法
  12. 浜学園は何年生から入塾できる?
  13. 浜学園の自習室について
    1. 浜学園「自習室」の口コミ評判
  14. 浜学園のユーチューブchannel
  15. 浜学園の料金について
    1. 浜学園「料金」の感想
  16. 浜学園の無料体験
  17. 浜学園の退会(解約)について
    1. 浜学園「退塾」の感想
    2. 浜学園「退会」の感想
  18. 浜学園の会社概要
  19. 浜学園の中学受験効果
    1. 浜学園「効果」の口コミ評判
    2. 浜学園「効果」の感想
  20. 浜学園のメリット・デメリット
    1. 浜学園のデメリット
    2. 浜学園のメリット
  21. 浜学園がおすすめの家庭
  22. 浜学園の総合評価

浜学園の口コミ・評判情報

浜学園の口コミ・評判情報

SNS(ツイッター)にある浜学園の口コミ・評判

小学生新聞✅ 小学生新聞の詳しいレビューはこちら。

時事問題の対策ができる「小学生用新聞」がめっちゃおすすめ! 

Yahoo知恵袋にある浜学園の口コミ・評判

Q:浜学園という塾をしっていますか?評判を教えてください。

A:大阪兵庫を中心に中学受験では一番有名な50年以上続く塾です。灘・東大寺などに合格者をバンバン出しており、中学受験のノウハウは関西最強でしょう。

出典:Yahoo知恵袋

Q:先週、浜学園の公開テストを、小学3年の息子に受させました。結果、偏差値算数60代前半 国語50代前半でした。親が地頭が良くなくても御三家に行かれる方は、努力次第で乗り越えられるでしょうか。

A:娘が浜学園通っていました。公開テストでそれくらいの成績だと、真ん中のクラス(大まかに3つに分けたV、S、HのS)のなかで真ん中くらいの成績です。質問者さんがおっしゃる心配は無用かと思います。努力次第で乗り越えられるか?という問いはもちろん、努力次第で乗り越えられます。

出典:Yahoo知恵袋

Q:浜学園に詳しい方教えてください。通塾はしていないのですが、今後どうしようかまだ迷っている段階です。

A:うちも浜学園でお世話になりました。お子様の学業成績を見ながら、また学校説明会等へ参加して中学受験をするのか、志望校は何処にするのかを決めて行かれては如何でしょうか?

出典:Yahoo知恵袋

Q:浜学園はどういった所が良いですか?四年生、入塾から半年経ちます。授業はわかりやすく、内容も面白いそうです。しかし、まだ宿題も一人でやり切れず親がついて教えています。集団塾なんてこんなものかと思いますが、授業の提供以外は特に何もしてくれないなと感じています。

A:その質問をそのまま浜学園の方にしてみましょう。解答は人にもよりますし、お子さんのタイプにもよると思います。面白い授業の提供は割と難しいことなので、授業が面白いだけでもお得だとは思います。相談したら答えてくれるので、活用なさってください。合わなければ相談担当を変更出来ます。

出典:Yahoo知恵袋

Q:浜学園に低学年から通っている方に質問です。宿題の量は、かなり多いですか?普段はどのぐらいありましたか?

A:3年生から浜学園へ通っております。浜学園の宿題はクラスレベルによって違います。3年生まではSとHクラスと2クラスです。テキストはやさしい問題(基礎的な問題)むずかしい問題(基礎の応用)チャレンジ問題(難問)と別れており、下のHクラスの宿題はやさしい問題だけ、上のSクラスの宿題はチャレンジ問題まで全部やります。

出典:Yahoo知恵袋

Q:低学年からの浜学園の入塾で悩んでいます。体験は楽しかったようで通塾してもよいと本人は言っています。

A:本格的な受験用カリキュラムは、小4スタート(小3の2月から)ですから、そこから通塾する子が多いですね。それ以前は、正直申し上げてそれほど大した内容は学びません。

出典:Yahoo知恵袋

浜学園の口コミ・評判を見た感想

MIKI

浜学園の口コミ・評判からは、かなりの「高評価」を得ている進学塾ではないかと。

一言でいえば、難関中学受験なら浜学園を選んでおけばまず安心では。

東の四谷大塚・SAPIX(関東圏)、西の浜学園(関西圏)といわれるほど中学受験対策に人気の進学塾で、とくに国内トップレベルの超難関中学(とくに灘中)への受験においては、一流の教育により確実性の高い中学受験対策が期待できるといえます。

いわゆる「中学受験おすすめ進学塾」の代名詞ともいえるのが浜学園で、ハイレベル(高偏差値)の中学受験を目指すのであれば、まずもって間違いなく優秀と評価されて当然といえる口コミが目立ちます。

浜学園の口コミ・評判を探っていると、中学受験対策として悪い口コミは見かけず、良い口コミばかりが目に入ってきたという印象。学習塾の口コミは悪い評判が先行するものですが、良い口コミが先行するということは結果へつながる中学受験対策が期待できるという裏付けであるといえます。

浜学園の口コミを見る限りは、かなり中学受験対策にむけ期待できる進学塾であると感じます。

もし国内トップレベルの超難関中学を受験するのであれば、まずもって浜学園を選んでおけば間違いのない、合格へ近づける確実性の高い教育を受けることが可能。

さすが名門「浜学園」の口コミ!と私はかなり強く思います。

浜学園のコース・クラス分け

浜学園のコース・クラス分け

浜学園のコース設定

コース名内容
マスターコース浜学園受の中心的なコース。毎回実施される復習テストで各単元ごとの到達度を測りつつ答案作成能力も養うことができる。能力別クラス編成(2ヶ月ごとクラス替え)
土曜マスターコースマスターコースの通塾が難しい場合に適したコース。週1回(土曜日)のみの通塾でマスターコースの内容を受講可能。能力別クラス編成(4ヶ月ごとクラス替え)
特訓コース灘中合格特訓灘中上位合格に向けた徹底指導。まずはマスターコースで基礎力をつけることが前提。
最高レベル特訓
(算数・国語・理科)
最難関中受験への第一歩となる授業。
女子トップレベル
(算数特訓・国語特訓)
トップレベル女子をめざすためのコース。出題傾向などから女子に最適なカリキュラムを用いて履修できる。
日曜錬成特訓「強化講座」と「基礎講座」から構成される教科別能力別クラス編成。問題演習や公開学力テストの解説を取り入れるなど、かなり充実した中学受験対策が可能。
日曜志望校別特訓志望校別に構成されるコース。ライバル達と切磋琢磨できる環境でモチベーションを図ることができる。
講習会春期講習(小2〜小6)
夏期講習(小1〜小6)
冬期講習(小1〜小5)
受講資格を取得するには「公開学力テスト」「土曜入塾テスト」「特別扱い入塾テスト」「無料オープンテスト」「小4実力テスト」「小5志望校判定模試」「講習会受講資格判定テスト」を受ける必要あり。
学校別対策講座灘中、東大寺学園中、洛南高附属中、西大和学園中、甲陽学院中、大阪星光学院、洛星中、神戸女学院中、洛南高附属中、西大和学園中、東海中、清風南海中、関西学院中、大阪教育大附属池田中、帝塚山中、白陵中
Webスクール地方に住んでいる場合におすすめのコース。マスターコースや最高レベル特訓算数・国語・理科などを視聴可能。
学年別講座(小1~小6)小3までは勉強に慣れる(習慣づけ)が中心。小4から中学受験準備に入り小5から本格的な中学受験対策が行われる。

浜学園のコース設定は、いずれも国内トップレベル中学へ対応した構成。

すでに入塾テスト合格により浜学園へ入塾できた時点で、高いレベルを保持しているという証。さらに志望校別に設定されたコースにより、志望中学に最適化されたピンポイント学習が可能です。

また浜学園へ通塾不可能(距離の問題など)であれば、Webスクールによるインターネット指導も可能。

基本的にインターネット指導においても浜学園で教えている内容と同じ学習ができるため、とくに浜学園不在の地方へ住んでいる場合などに有効なコースもあります。

浜学園の講習(夏期・冬期・春期)についてもコース設定に掲載しましたが、これらを受講する場合には指定された各テストを受講している必要があるため注意が必要です。

浜学園のクラス分け

クラス名内容
各教室によってクラス数は異なる。いずれのクラスも0・1・2・3‥と偏差値でレベル分けされる。(数字の少ないほうが高レベル)

浜学園のクラス分けは、すべて偏差値により決定します。

公開学力テストの成績によってクラスが決まり、たとえば最高のVクラスでは偏差値60以上が一般的な目安。偏差値によりVクラスから埋まっていく、といったクラス分けになります。(ただし偏差値について浜学園から明確な情報は出されていません)

また1つのクラスレベルでも、さらに偏差値によってV0・V1‥と数字が異なります。

この数字は小さくなるほど高い偏差値に対応しており、その偏差値レベルに応じて最適化された指導を受けられるというスタイル。3つあるクラスのなかでも「V0」がもっともハイレベルクラスで、塾生全体のトップ一部しか入れないほど難易度の高いクラスです。

また浜学園のWebコースにはクラス設定の概念がなく、一律同じ学習内容によって中学受験対策を進めていきます。

浜学園の教室については以下の通り。

都道府県教室名
兵庫県西宮本部・西神中央本部・三田本部・明石本部・神戸住吉教室・芦屋教室・六甲教室・神戸元町教室・伊丹教室・宝塚教室・川西教室・姫路教室・加古川教室
大阪府上本町本部・天王寺本部・豊中本部・千里中央本部・枚方本部・なかもず本部・京橋教室・天六教室・茨木教室・高槻教室・堺東教室・いずみ教室・泉大津教室
京都府四条烏丸本部・JR京都駅前教室・北大路教室・円町教室
滋賀県草津教室
奈良県西大寺本部・王寺教室・大和八木教室・学園前教室
和歌山県和歌山教室
岡山県岡山教室
愛知県名古屋本部・千種本部・八事教室・御器所教室・藤が丘教室・豊田教室・一宮教室・刈谷教室
沖縄県那覇教室

浜学園「コース・クラス」の口コミ評判

Q:浜学園の入塾テストで、不合格になる割合はどの程度でしょうか?先日娘が入塾テストを受けましたが、算数国語共に1問間違いの95%とれていたにもかかわらず、合格クラスは1番下のHクラスでした。Vクラスは満点の生徒のみなのでしょうか?それとも入塾テストでいきなりVクラスというのはないということでしょうか?

A:入塾テストのレベルでは満点ならSクラスからでも大丈夫、というレベルです。浜学園の他のテストやカリキュラムに比べれば簡単ということです。公開テストですが、入学テストとは比にはならない難しさです。Vクラスで入塾される子は正直桁違いと考えていただく方が無難です。しかしそれは入塾時の事であり、Hクラスでスタートされても、Vクラスに上がり最難関に合格される生徒さんはおられます。

出典:Yahoo知恵袋

Q:浜学園から東海中学にいくなら、Sクラス上位でないと安心できませんか?Hでも合格していたり、
Sクラスになんとか上がった子が合格していたり、、実際はどうなんでしょう?

A:去年まで名進研に通っていましたが、上から8番目でも受かりましたよ。だからHでも大丈夫じゃないですか?

出典:Yahoo知恵袋

Q:浜学園のV S Hクラスは、公開テストの偏差値でいうと、どのレベルでクラス分けしているのでしょうか?

A:VSHのクラス分けは公開テストの点数のみで決められているのではなく、毎授業の復習テストの点数なども考慮されるものなので、公開テストがよければクラスが上がるとは限りません。

出典:Yahoo知恵袋

浜学園「コース・クラス」の感想

MIKI

浜学園のコース設定については、かなり詳細でピンポイントかと。

全コースが難関中学へむけた受験対策が可能となっており、さらにトップレベル中学に特化した志望校別コースもあるため、かなり確実性の高い中学受験対策が期待できるコース設定となっています。

まさに志望校別コースで設定された志望校を目指すのであれば間違いなく選ぶべきで、志望校が入っていない場合でも、総合的に難関中学へ効果的な中学受験対策を実践できるコース設定です。

さらに女子に特化したコースもあるため、これも極めて効果的。とくに女子中学では男子メインの中学のような出題傾向とはならず、女子中学ならではの出題傾向へむけ最適化された指導内容となるため、もし女子中学を志望する場合にも効果的といえるコースがあります。

浜学園のクラス分けについては、すでに口コミ情報でもあるように「細分化」が大きな特徴。

偏差値に応じたアルファベットによるクラス分けで的確な指導が受けられますが、さらに数字の違いによってより詳細な偏差値に沿った指導を受けられるのは浜学園ならではの伝統ともいえるスタイル。

したがって浜学園はコース・クラスいずれにおいても、偏差値に合わせかなり細分化された振り分けとなっており、どう考えても極めて中学受験に効果的といえるかと私は思います。

浜学園のカリキュラム

浜学園のカリキュラム

浜学園のカリキュラムにおいては、各学習単元とも低~高学年まで系統的に繰り返し学べるのが特徴。

また1週間ごとに計画された学習計画表に基づいて指導が進み、学力養成に重要と言われる「講義・家庭学習・復習テスト」をしっかりと取組むというカリキュラムスタイルになっています。

さらに学習計画表については、全てのクラス(V・S・H)で共通の内容。したがってクラスに関係なくカリキュラム進度が同じのため、クラス替えにも支障のないスタイルです。

とくに浜学園のカリキュラムは、超難関中学をはじめトップレベル中学に照準を当てた内容。かつ基礎知識講義から定着までスパイラル方式で学べるカリキュラムのため、かなり確実性の高い中学受験対策が期待できます。

ただし浜学園のカリキュラムは最高レベル算数や志望校別特訓など特化型の内容が特徴ですが、英検対策といった資格へ対するカリキュラムは用意されていないので各家庭で行う必要があります。

これら浜学園のカリキュラムは、すべて時間割によって学習が進むスタイルとなっています。

浜学園「カリキュラム」の感想

MIKI

浜学園のカリキュラムは、徹底した基礎・応用学習を実践しているのが特徴。

なにも派手な謳い文句で受講生を囲もうとしているわけではなく、勉強の根本部分をしっかりと抑えて、中学受験合格へむけ確実にレベルアップしていこうというカリキュラムとなっています。

もはや浜学園のカリキュラム云々を論じる必要もなく、これまでの実績から

考えても極めて効果的といえる内容。安心して子供を任せられるカリキュラム

ではないでしょうか。

とくに「基礎知識の伝達」「家庭での復習要素」「習得知識のチェック」の3つを確実に進めているカリキュラムとなっており、これ以上の中学受験対策はないかと。

基本的にクラス同一カリキュラムとなっているので子供自身の立ち位置(レベル)もわかりやすく、中学受験へむけて確実性の高い対策が期待できる理想的なカリキュラムであると私は強く思います。

浜学園のカリキュラムで、私がもっとも伝えたい部分が「根拠ある教え方」です。

浜学園の教材(テキスト)

浜学園の教材(テキスト)

浜学園の教材(テキスト)は、すべてオリジナルのものが用意されています。

国内トップレベルの中学受験へ対応すべく、浜学園オリジナルで作成した問題などが掲載されており、さらに黒板に書かれる内容よりも詳しい説明があるため極めて高品質。

基本的な講座中心の今日味をはじめ応用的な教材、さらに「浜ノート」と呼ばれる復習しやすいノートが用意され、浜学園で履修するすべての学習状況に沿ったテキストが揃っています。

また各コース(講座)に合わせて作成された専用教材もあるなど、難関中学受験をはじめトップレベルの志望校に特化したテキストもあるため極めて高い学習効果が期待できる構成となっているのが大きな特徴。

浜学園の教材は基本的に自分で用意する必要がなく、すべて与えられた教材を使って学習を進めるスタイル。したがって教材については何も考えなくとも、最適な内容のテキストが用意されるため安心です。

浜学園「教材」の口コミ評判

Q:浜学園の教材で、最難関用と難関用の教材があるようなのですが、最難関用と難関用の明確な違いはあるのでしょうか。

A:卒塾生です。最難関用教材というのは、灘や西大和、東大寺学園レベルをを目指している人用の教材です。対して難関用教材は、灘や西大和等を目指さない人用の教材です。(最難関以外の学校ほぼ全てに対応するよう作られています。)

出典:Yahoo知恵袋

浜学園「教材(テキスト)」の感想

MIKI

浜学園の教材(テキスト)は、すべて過去の出題傾向などから構成された秀逸な内容。

またコースごとに専用教材が用意されており、仕様テキストについて家庭で考える必要がないので安心。さらに浜学園オリジナル教材となるため、一般的に市販されていない特化型の専用テキストで受講できます。

1つだけ気になるのが「浜ノートの使いにくさ」という口コミですが、この点に関しては時間をかけて慣れるという考え方がおすすめかと。

浜ノート自体のクオリティはかなり高くなっているため、できる限り浜ノートを

使いこなし慣れるほうが高い学習効果を期待できるかと私は思います。

中学受験対策へむけた学習としては、浜学園オリジナルということでバツグンの内容。

高い偏差値の中学校にもしっかりと対応できる内容となっており、さらに志望校別コースでは各中学校の出題傾向などをもとに、最適化された教材内容となっているためかなりクオリティが高くなっています。

一般的な学習塾で使用される教材(テキスト)というのは、おもに教材業者から納入されるスタイル。したがって別の学習塾と同じ教材ということもありますが、浜学園の場合はオリジナル教材で唯一無二のため、ほかの学習塾ではまず手に入らない高品質な教材となっています。

浜学園のテスト

浜学園のテスト

テスト種類対象実施回数内容
復習小1〜小6毎回授業各授業の理解度チェック
公開学力小1〜小6月1回単元別の弱点チェックおよび対策ポイントを把握
各種実力小4実力小4〜小6年1回授業内容の理解度チェック
小5志望校判定模試年1回志望校の合格可能性を判定
小5学校別チャレンジ年1回志望校合格へ向けた難問チャレンジ
小5・小6国語記述力錬成月1回需要が高まっている国語の記述式問題における実力養成
小6合否判定学力年4回公開学力テストよりも難易度が高くより正確な判定を行う
小6学校別オープン模試年1回志望校向けの最終チェック
小6学校別プレ入試小6年1回志望校別プレ入試
男子難関統一プレ入試
女子難関統一プレ入試

浜学園のテスト類は、一覧表の上から下になるほど難易度は高まります。

厳密にいえば浜学園への入塾テストもありますが、これは番外編ということで一覧表から削除。とはいえ簡単なテストではなく、一定の難易度は保たれているため油断は禁物です。

また浜学園の無料オープンテストは、正式名称が「学力診断無料オープンテスト」というもの。浜学園へ入塾していない場合(一般)でも受けられるため、学力チェックとしてテストを受けるのがおすすめです。

この無料オープンテストにおける難易度は、国語と算数の習熟度確認するという内容で、一定レベル以上の難問が出題されるスタイル。当然ながら難易度の高い中学受験へむけたテストになるため、ハイレベル中学の受験を考えていれば極めて役立つ内容になります。

浜学園入塾テストはこちらから受けられます。

→ 【中学受験】進学教室浜学園

浜学園「テスト」の口コミ評判

Q:浜学園の入塾テストは誰でも合格しますか?(クラスは問わず)

A:入塾テストは、問題としての難易度は高くありません。実際ついて行けるかどうかを見極めるテストですので、最低ボーダーより上回っていないと、入塾は出来ません。ただ、小学校のテストで、90点キープしていて、一般的な思考能力があり、普通に授業を受けれそうだと判断されれば、8割以上は入塾できます。

出典:Yahoo知恵袋

Q:浜学園の小5志望校判定模試には、どのような問題が出るのでしょうか?

A:昨年度卒塾した者です。出る問題としては、公開学力テストをレベルアップしたものや、実際の入試問題が出ます。公開学力テストはかなりレベルが上がって出てきます。入試問題については、さすがに灘や西大和などまでは行きませんが、その少し下くらいの問題が出ます。

出典:Yahoo知恵袋

浜学園「テスト」の感想

MIKI

浜学園のテスト関係は、極めて「高精度・秀逸」という印象を私は持っています。

必要なタイミングで最適なテストが開催されているのが浜学園の特徴で、さらに複数のテスト種類によって学力チェックが頻繁に行われるため中学受験対策にかなり効果的。超難関中学をめざす進学塾として、浜学園のテスト類は種類も回数もかなり多い部類に入るかと思います。

また小学生高学年になるほど中学受験に直結したテストが開催されるため、

本番さながらの緊張感を実感できるのも大きなメリット。

しっかりとその学年に応じて最適なテストが行われることで、段階的に確実性の高い中学受験対策を講じることができます。

とくに中学受験が近づくにつれ、市販テストなどの購入を考えてしまうもの。ほかの進学塾であれば市販テストも効果的な中学受験対策の一環となりますが、浜学園の場合は必要なテストが複数回開催されることで、任せておけば確実に効果が期待できる中学受験対策が可能というのも大きなメリットになります。

浜学園のテスト関係は高い確実性へつながる根拠としても、ほかの進学塾と比較して極めて優位性が高いスタイルであると私は思います。

浜学園の夏期・冬期・春季講習

浜学園の夏期・冬期・春季講習

講習名開催時期対象学年クラス編成
春期講習3月下旬〜4月初旬小2〜小6小2~小5:能力別
小6:志望校別
夏期講習7月下旬〜8月下旬小1〜小6小1~小5:能力別
小6:志望校別
冬期講習12月下旬〜1月初旬小2〜小5能力別

浜学園の講習はいずれも「塾生または受講資格」が必要となります。

それぞれの講習により受講資格は異なり、浜学園で開催される各種テストから、浜学園が指定するテストを受講していることが必須条件。したがって各種講習会への参加を考えていれば、塾生であること、または予めテストを受けておくことを考える必要があります。

また浜学園のWebコースでも、各種講習会への参加が可能。有料となるため別途費用が必要ですが、浜学園の高クオリティの講座が用意されているため、中学受験対策のためにも出席するのがおすすめです。

浜学園の各種講習の日程については、時期が近付けば浜学園のウェブサイトなどへ詳細が掲載されます。

浜学園「講習」の口コミ評判

Q:浜学園や希学園に詳しい方に質問です。入塾すると、春期講習や夏期講習、冬期講習は必ず受講しなければならないのでしょうか?中学受験のために、そろそろ公文から移行して、最レだけでも受講しようと思ったのですが、長期休みに講習を毎回必ず受けさせられるのであれば、まだ低学年のため、色々と他の予定を入れたいため、入塾を躊躇っています。

A:うちの子も浜でお世話になりました。春期・夏期・冬季講習いずれも強制はありませんでした。浜も生徒の事を思って、なるべく参加を促しますが決して強制は無かったですよ。 

出典:Yahoo知恵袋

浜学園「講習関係」の感想

MIKI

浜学園の各種講習関係は、もはや最高レベルの中学受験対策が期待できるため申し分なし。

各種講習会へ参加するには事前に指定されたテストを受けておくなど決まりがあるため、あらかじめ講習会を見込んだうえのテスト参加を考えておくことが大前提となります。

また浜学園の講習関係は、口コミでもあるように強制ではありません。

したがって参加・不参加については家庭で相談できるため、どうしても避けられない用事などがあれば不参加を選択するというのも1つの方法になります。

浜学園の講習会関係はかなりクオリティが高く、Webスタイルでも各種講習会が用意されている。

こうした理由により浜学園の講習会はかなり参加しやすく、学習効果も期待できるため極めておすすめであるといえます。

浜学園のWebスクールについて

浜学園のWebスクールについて

浜学園Webスクールの学習内容は、基本的に通塾スタイルと変わりません。

各学年によって適したコース設定が用意されており、授業を見て知識を吸収し、しっかりと復習およびテストにより確認していくという流れになっています。

浜学園Webスクールでは疑問解消へむけ「テキストWeb全問解説講義」が用意されており、モバイルアプリ「浜学園シラベテ」(映像授業解説)を使うことで詳しい解説を視聴できるというもの。

すでに過去に存在する質問への解答であれば即疑問解消が可能で、新たな疑問に関しては3日以内に講師が解説動画を作成してくれるというサービスです。

また浜学園Webスクールの入塾については、浜学園教室のない都道府県に関しては全国規模模試の成績表・小学校の成績表により判断。全国期の模試の成績表があれば、WebマスターコースやWeb最高レベル特訓などすべてのコースへむけた受講判定が可能です。

浜学園Webスクールはクラス分けもあり、これも通塾スタイルと変わらない内容。したがって浜学園は一般的なオンライン通信教育とは異なり、通塾生と同じコース・クラス・学習内容で中学受験対策できるという特徴を持っています。

浜学園「Webスクール」の口コミ評判

Q:小学生の娘が現在塾に通っていますが田舎特有のレベルが低い気がしてなりません。浜学園のwebスクールの入塾テストを受けようかと悩んでいるのですが、田舎すぎて大手塾のことなどがあまりわかっておらず質問させてください。入塾テストの全国規模の模試成績表というのは、全国統一小学生テスト(四谷大塚)とかで大丈夫なのでしょうか?

A:何年生かによります。浜を卒塾しました。4年生くらいだと、本来は浜学園の無料入塾テストを受けます。『進学塾に通った事の無い一般生用のテスト』なので、小学校の授業が十分理解出来ていて、学校のテストがほぼ100点のお子さんはならソコソコの高得点が取れるレベルのテストです。
入塾テストで高得点を取って、入塾資格を得たとして入るクラスは一番下の『Hクラス』です。その上位はクラスのSやVクラスの認定を受けたければ、既に通っている塾生が毎月受ける『公開学力テスト』受けなければなりません。難易度が高いテストです。
WEB生が主眼ならクラス分けに敏感になり過ぎ無くて良いと思います。

出典:Yahoo知恵袋

Q:浜学園の通信か、四谷大塚の通信で悩んでいます。この春新5年生になる女の子ですが大阪もしくは京都府内の中学受験を考えています。5年生の間は習い事と両立したいので、通信を考えています。現在は公文に通っており、ようやく小学過程の算数が終わりました。

A:私も息子のために、両方とも体験(調べた)しましたが、やはり通信は通信です。通えるなら通った方が絶対いいですよ。緊張感が全然違います。通信ではモチベーションが保てないです。私も同じように悩み、結局通塾にしました。公文をやめて、その時間で通塾出来ませんか?

出典:Yahoo知恵袋

浜学園「Webスクール」の感想

MIKI

浜学園Webスクールの感想として、もっとも印象的なのが「通塾生と同じ立ち位置」という部分。

いわゆる通塾生に交じって同じ中学受験対策・学習レベルによる振り分けが行われており、これは一般的なオンライン指導の通信教育とは一線を画すシステムであると私は思います。

通塾生とオンライン性が入り混じって同じコース・カリキュラムを受講するという

スタイルは、まずもって一般的なオンライン通信教育ではありえません。

したがって浜学園Webスクールはかなり効果的な中学受験対策が可能といえ、通塾生と同じように志望校へ向けた学習を進めていけるのが大きなメリットです。

また浜学園Webスクールで使用される教材も、通塾生と同じテキストとなる浜学園オリジナル教材。この点においても一般的なオンライン指導よりも合格へ向けた優位性が高く、極めて志望校へ適した家庭学習ができるのではないでしょうか。

浜学園Webスクールではオンラインだからと言って放置するようなこともなく、子供および家庭(親)へむけたサポート体制もしっかりと構築。このサポート体制についても通塾生と変わらず手厚いスタイルとなっており、オンライン指導のデメリットでもあるサポート不足にもしっかり対応しています。

もし浜学園教教室が近くに見つからない場合でも、浜学園Webスクールを選ぶことによって、通塾生と変わらない指導が期待できるため極めておすすめといえる学習スタイルです。

浜学園✅ 浜学園Webスクール「無料体験・資料請求」はこちら。

→ 【中学受験】進学教室浜学園

浜学園の講師について

浜学園の講師陣は「三軍制」が用いられており、プロスポーツの団体競技などと同じ。

いわゆる「一軍」に属する講師が授業担当など表面的な部分を担っており、縁の下の力持ちという立場で頑張っているのが「二軍」「三軍」に属する講師陣。したがって浜学園はすべてにおいて手厚い講師体制となっており、中学受験全般において極めて高い学習効果が期待できるスタイルといえます。

また品質管理という点においても充実体制がとられており、とくに「授業品質管理」という部分において浜学園はかなり力を入れているのが特徴。3つの観点から授業品質管理が行われており、塾側・保護者側いずれの立場からも品質改善に努めている、というのも浜学園の講師陣におけるメリットともいえます。

浜学園「講師」の感想

MIKI

浜学園の講師陣はスキル豊富で、進学塾でも国内トップレベルという評判。

具体的な口コミとしては「授業内容が分かりやすく理解しやすい」「難しいばかりじゃなくホッとできる部分がある」など、子供のモチベーションアップも考えられた授業を展開するなど。学習面・精神面いずれもおいても、浜学園の講師陣は的確な判断をしながら授業を行っているように感じます。

また裏話にはなりますが、浜学園の講師陣は事務作業などは一切ないとのこと。

一般的な学習塾では直接指導は関わる以外の作業というのも兼務する場合が

ほとんどですが、浜学園の場合はそうした作業は一切ないというスタイル。

したがって中学受験へ直接的に関わる部分だけを講師が担当することで、より高いクオリティの授業を展開することができているようです。

さらに「教科別専門講師制」が用いられているのも浜学園の大きな特徴で、複数教科を担当して内容が薄くなることを防ぐために、専門教科における知識のみの精度を高めていくというシステム。

こうしたシステムにより志望校へ向けた専門的な中学受験対策も可能となっており、こうしたシステムによって国内トップレベルの合格者を輩出しているのでは?という気もしてきます。

浜学園の講師陣は授業のクオリティが高まる施策をはじめ、総合的に中学受験対策として鏡ともいえるスタイルで運営されているのが特徴です。

浜学園の合格実績

浜学園の合格実績

※2022年度の情報です。

エリアおもな合格中学
関西【兵庫県】甲南、甲陽学院、名淳心学院、滝川、灘、名報徳学園、六甲学院、小林聖心女子学院、賢明女子学院、甲南女子、神戸海星女子学院、神戸国際、神戸女学院、神戸山手女子、松蔭、親和、武庫川女子大附属、関西学院、近畿大附属豊岡、啓明学院、神戸学院大附属、神戸大附属、神戸龍谷、三田学園、名夙川、須磨学園、名蒼開、滝川第二、東洋大附属姫路、仁川学院、名白陵、雲雀丘学園、兵庫教育大附属、芦屋国際、兵庫県立大附属【大阪府】大阪星光学院、清風、明星、大阪薫英女学院、大阪女学院、大谷、堺リベラル、四天王寺、名帝塚山学院、梅花、プール学院、上宮学園、追手門学院、追手門学院大手前、大教大附属池田中、大教大附属天王寺、大教大附属平野、大阪国際、大阪青陵、大阪体育大浪商、大阪桐蔭、咲くやこの花、水都国際、富田林、開明、関西大倉、関西創価、関西大学第一、関西大中等部、関西大北陽、関西学院千里国際、近畿大附属、金蘭千里、賢明学院、香里ヌヴェール学院、金光大阪、金光八尾、四條畷学園、四天王寺東、常翔学園、常翔啓光学園、清教学園、清風南海、高槻、帝塚山学院泉ヶ丘、東海大付属大阪仰星高、同志社香里、浪速、初芝富田林、初芝立命館、箕面自由学園、桃山学院、履正社学園豊中【京都府】東山、洛星、京都女子、京都聖母学院、同志社女子、ノートルダム女学院、平安女学院、大谷、京都教育大附属桃山、京都共栄学園、京都産業大附属、京都市立西京高附属、京都先端科学大附属、京都橘、南陽高附属、洛北高附属、京都文教、同志社、同志社国際、花園、洛南高附属、立命館、立命館宇治、龍谷大付属平安【奈良県】東大寺学園、育英西、聖心学園、智辯学園、智辯学園奈良カレッジ、帝塚山、奈良学園、奈良学園登美ヶ丘、奈良教育大附属、奈良女子大附属、西大和学園【和歌山県】和歌山信愛、開智、近大附属和歌山、智辯学園和歌山、桐蔭【滋賀県】近江兄弟社、光泉カトリック、滋賀大教育学部附属、比叡山、立命館守山
首都圏【東京都】麻布、海城、開成、学習院、暁星、攻玉社、佼成学園、駒場東邦、城北、巣鴨、成城、世田谷学園、高輪、筑波大附属駒場、東京都市大学付属、桐朋、本郷、明治大付属中野、立教池袋、早稲田、桜蔭、鷗友学園女子、大妻、大妻多摩、吉祥女子、共立女子、恵泉女学園、晃華学園、女子学院、白百合学園、田園調布学園、東京女学館、豊島岡女子学園、桐朋女子、雙葉、普連土学園、三輪田学園、山脇学園、青山学院、都文館、桜美林、お茶の水女子大附属、慶應義塾、國學院久我山、サレジアン国際学園、芝浦工業大附属、渋谷教育学園渋谷、成城学園、青稜、玉川学園、多摩大学目黒、千代田国際、筑波大附属、東海大付属高輪台、東京学芸大附属小金井、東京電機大、等々力、富士高附属、東京農大第一高、日大第一、日大第三、広尾学園、三田国際学園、明治学院、明治大付属中野八王子、立正大付属立正、早稲田実業【神奈川県】浅野、栄光学園、鎌倉学園、慶應義塾、サレジオ学院、逗子開成、聖光学院、鎌倉女学院、洗足学園、横浜雙葉、公文国際学園、桐蔭学園、桐光学園、日本大学、山手学院、横国大教育学部附属横浜、横浜創英【千葉県】国府台女子学院、市川、芝浦工業大柏、渋谷教育学園幕張、昭和学院秀英、千葉、東邦大付属東邦【埼玉県】城北埼玉、立教新座、浦和明の星女子、淑徳与野、大宮開成、開智、埼玉栄、栄東、西武学園文理、獨協埼玉、星野学園【栃木県】作新学院【岩手県】盛岡白百合学園【茨城県】並木
東海【愛知県】海陽、東海、名古屋、南山、愛知淑徳、金城学院、椙山女学園、聖霊、名古屋女子大学、南山、愛知、愛知教育大附属名古屋、愛工大名電、桜丘、星城、大成、滝、中部大学春日丘、古屋経済大市邨、名古屋経済大高蔵、名古屋国際、名古屋大教育学部附属【三重県】暁、桜丘、鈴鹿、高田、津田学園、三重【岐阜県】鶯谷
その他【北海道】函館ラ・サール、北嶺、札幌大谷、札幌光星、札幌日本大学、北海道教育大附属札幌、立命館慶祥【富山県】片山学園【石川県】金沢大附属【福井県】高志【長野県】佐久長聖、長野日本大学【静岡県】静岡聖光学院、不二聖心女子学院【鳥取県】鳥取大附属【岡山県】清心、朝日塾、岡山、岡山学芸館清秀、操山、大安寺、津山、岡山大教育学部附属、岡山白陵、岡山理科大附属、山陽学園、就実、蒼明学院【広島県】修道、広島学院、ノートルダム清心、AICJ、英数学館、近大附属広島中福山、銀河学院、広島大学附属、広島大附属福山【徳島県】城ノ内、徳島文理、鳴門教育大附属【香川県】誠陵、香川大教育学部附属高松【愛媛県】愛光【福岡県】久留米大附設、西南学院【佐賀県】早稲田佐賀【長崎県】青雲【宮崎県】宮崎日本大【大分県】向陽【鹿児島県】ラ・サール【沖縄県】沖縄尚学高附属、昭和薬科大附属

浜学園「合格実績」の口コミ評判

Q:関西の有名進学塾と言えば、浜学園、希学園、日能研、馬渕、SAPIX等有りますが、中学入試の実績の高い順にするとどうなるんでしょうか

A:息子が小6の浜学園生です。灘などの最難関をめざすならだんぜん浜がトップです。以前は希にも在籍しておりましたが、最難関をめざすなら浜学園の方がいいとおもいます。

出典:Yahoo知恵袋

浜学園「合格実績」の感想

MIKI

浜学園の合格実績を見ればわかるように、国内トップレベル(超難関中)にも多くの合格者を輩出。

全国的にも各都道府県を代表する難関中学への合格者を毎年出しており、どう考えてみても中学受験におすすめといえる実績をもつ進学塾であると私は思います。

また浜学園の合格実績は中学校数だけではなく、各中学校の合格人数が多いのも大きな特徴。いくつかの中学校で日本一の合格人数を輩出しており、中学受験対策としてかなり高い合格率を期待できる進学塾といえます。

浜学園の合格実績からわかることは、浜学園の教室がない地域でも合格者を出しているという部分。これは浜学園の教室へ通えなくても、オンライン(Webスクール)指導の結果であることが予想されます。

したがって浜学園は通塾・オンライン、いずれにおいても合格実績の豊富な進学塾であるかと。

これだけ合格実績があれば安心して任せられる&かなり中学受験合格へ近づける、などが大きく期待できるように私は強く感じます。

浜学園の比較情報

浜学園の比較情報

※2022年度の合格者数

塾名開成桜蔭神戸女学院最多合格校
浜学園9625444岡山中
(745)
四谷大塚441086763栄東中
(1682)
サピックス
(SAPIX)
3428318710栄東中
(2226)
能開センター114300岡山中
(224)
早稲田アカデミー481146683早慶中
(481)

浜学園「比較情報」の口コミ評判

Q:浜学園、希学園、馬渕教室、日能研のうち、一番レベルが高いのはどこですか?

A:我が家は日能研でしたが、日能研は難関校から中堅校まで幅広く対応しています。
希は以前は最難関校に実績がありましたが、ここ2~3年は実績が落ちています。中堅校向けコースまで出来て、生徒確保に必死のようです。 希は浜の先生が独立した塾なので、希と浜は塾の雰囲気はスパルタで熱血型と似ています。
浜は関西では老舗塾。最難関校受験にも実績が高いです。馬淵は最近実績を上げている塾です。

出典:Yahoo知恵袋

Q:浜学園web(Hクラス)と四谷大塚のリトルクラブはどちらが難しいですか?良問はどちらが多いですか?

A:何年生の話かわからないですが、3年生の息子がリトルクラブを2年間していました。新四年生から学童代わりに入れようと思って浜学園の入塾テストを受けたらV1クラスで受かったので、リトルクラブをやらせて良かったなと思っています。作文の添削とかなかなか良かったですよ。

出典:Yahoo知恵袋

Q:浜学園と希学園迷ってますが、費用はどちらが高額になりますか?入塾テストはどちらのほうが入りにくいとかありますか?

A:平常授業の費用は希の方が高いですが、居残り時間も込みなので時間単価ですとそう変わらないかもしれません。それよりもこの2塾の違いは面倒見の良さかと思います。浜は宿題のチェックも無く復テで点数が取れてればOKで結構放任というか自主性を重視した感じですが、希は毎回宿題を提出してA~Eの評価が付けられ、小テストも合格点が取れるまで受けなければなりません。どちらの塾も2週間体験入塾できますから、まずは体験されてみたら良いと思いますよ。入塾テストは体験後でOKですので。

出典:Yahoo知恵袋

Q:日能研、浜学園、希学園、この3つの進学塾が有名ですが、順位をつけるとしたら、みなさんはどのような順位をつけますか?

A:我が子を通わせて志望校に合格できればどこの塾でも満足できます。難関校志望なら希か浜です。希で下位のクラスなら日能研のほうがいいかもしれません。

出典:Yahoo知恵袋

Q:【愛知】浜学園と名進研と日能研の中学受験指導のやり方、授業は何が違いますか?

A:大きな目で見れば、差はないです。
浜学園は、遠距離通塾生のことも考えて、土曜日だけで完結するコースがあります。そして、すこし難度が高い問題演習が多く、少し進度は速いと思います。日能研はオールマイティ。下位から上位までどんな生徒にも対応できます。名進研は地元密着です。

出典:Yahoo知恵袋

Q:小学生進学塾についておききします。関西在住です。希学園・浜学園・日能研・馬渕どこが子どもにはお勧めな塾でしょうか。

A:最難関志望なら希か浜。個別担任がつく時期の違いなどはあれど、希は元々浜から独立したので両方ともシステムは似ている。自習室があり面倒見の良い方を望むなら希。課題量が多いのでついていくの大変。浜は最難関受験層が多いのでテストに客観性がある。

出典:Yahoo知恵袋

Q:大阪府在住ですが、子供の塾を検討しています。浜学園 と 能開センターではどちらが人気でしょうか?またどちらが指導力が勝っていますか

A:実績から浜でしょう。ただ大阪南部に在住なら能開も選択肢でしょう。清風南海には実績があります。

出典:Yahoo知恵袋

浜学園「比較情報」の感想

MIKI

浜学園を比較した結果、わかってくるのが「トップレベル中学」への合格者が多いこと。

灘中をはじめ全国の超難関中学を中心に、多くの合格実績を出している割合としては「浜学園の優位性が極めて高い」などが分かりました。

浜学園は関西を中心に運営されているため、どうしても関西エリアに強い進学塾。

したがって灘中に強くて当然とかいえば関連性はなく、トップレベル中学校への

合格者を多く輩出できるだけの実力を備えていることが大きな要因かと。

浜学園の口コミでも「関西なら浜学園」といわれるほどの評判となっていることからも、関西エリアでトップレベルの中学受験対策を実践するのであれば「まず選んでおいて間違いない」ということが比較結果からも読み取れます。

過去の合格実績から考えても、もし灘中をめざすのであれば浜学園がおすすめであるといえます。

灘中をはじめトップレベル中学の受験を考えて進学塾を迷っていれば、すぐにでも浜学園を代表とする実績ある進学塾へ属することをおすすめします。

浜学園✅ まずは「無料入塾体験」からスタート!

→ 中学受験専門塾浜学園

浜学園で成績が上がらない場合の勉強方法

 

MIKI

浜学園の勉強についていけない場合、私がおすすめするのは「補助塾」の活用。

この補助塾というのは進学塾をサポートするというもので、実際に浜学園についていけない多くの家庭が利用している極めて有効な勉強法になります。

浜学園の勉強法(サポート)として、次のような補助塾がおすすめです。

これらの補助塾というのは、いずれも進学塾のサポートとして最適。

浜学園など高難易度の進学塾についていけない場合に、しっかりとサポート的な役割をしてくれるため、結果的に中学受験対策として効果的な勉強が期待できるスタイルです。

まずは浜学園のみで勉強へついていく努力を家庭ぐるみで行って、どうしてもダメそうであれば補助塾の活用がおすすめ。そのまま悩んでいても貴重な時間ばかりが経過してしまうので、できる限り早めに決断をすることが極めて重要になります。

浜塾についていけない場合、かなり優位性の高い勉強法になります。

浜学園は何年生から入塾できる?

浜学園は何年生から入塾できる?

浜学園は小学生低学年(1年生)から入塾可能で、もっともメインの「マスターコース」を選択できます。

ほかにもWebスクールや特訓コースなども選択可能となっており、土曜マスターコースなど一部コースについては小学1年生で選択不可ですが、基本的に浜学園のスタンダードなコースは選択できます。

また浜学園のコース設定でも解説しましたが、小学1年生から春季・夏期・冬期講習などにも参加可能。したがって小学生低学年から中学受験対策を考える場合、浜学園は極めて有効な選択になります。

浜学園の自習室について

浜学園の自習室について

浜学園の自習室はけっこう複雑で、教室によって有無が異なります。

教室の空き時間を使った自習室対策を行っている教室もあれば、教室ではなく空き部屋(スペース)を自習室として提供している教室など。また小学6年生から有料で自習室が利用できるという教室もあったりと、一定の基準で自習室が用意されていないので注意が必要です。

まずは通塾させる予定である浜学園の教室へ確認する、という方法をお勧めします。

浜学園「自習室」の口コミ評判

Q:浜では、自習室はないのでしょうか?なくとも自習は空き教室を利用させてもらえますか?

A:お答えとしては通学予定の教室に相談してくださいとしか言えません。有料の自習室は6年生になってから(一部5年生)、講習が午前中だけでマスターの授業開始時間までぽっかり時間が空くときや、講習が入らない午前などに設定されます。

出典:inter-edu

浜学園のユーチューブchannel

浜学園のユーチューブchannelは、【中学受験】進学教室浜学園という名前で運営されています。

提供されている動画内容としては浜学園情報をはじめ、家庭で良く起こる問題解消など。中学受験に直結した動画はありませんが、中学受験全体のサポート的な内容が多いように感じます。

したがって浜学園のYouTubeチャンネルは子供自身が視聴するというよりも、親のほうが参考になる内容がほとんど。もし家庭学習などにおいて疑問を感じた場合は、この浜学園YouTubeチャンネルを視聴すると、もしかしたら解消へつながる可能性もあるかと思います。

浜学園の料金について

浜学園の料金について

※すべて税込価格
※年度により料金は異なる場合があります。

【通常コース】

費用科目料金
入会金(一律)23,000円
マスターコース(3教科)月36,830円
テスト公開学力テスト2,810円
オープンテスト無料
土曜入塾テスト
特別取り扱い入塾テスト
Webスクール小2~小3月約14,000円
小4月約15,000円
小5(算数)月約12,000円
小5(2科目)月約21,000円
小5~小6(4科目)月約29,000円

【講習会料金】

学年科目夏期講習冬期講習
小1国・算8,640円13,510円
小2~小3国・算21,600円18,020円
小49,720円7,940円
国・算29,700円18,020円
小58,640円
9,720円9,920円
9,720円7,940円
国・算29,700円19,850円
小6国or社10,800円
国・算・理43,200円

浜学園の年間費用として、1つのモデルスタイルを挙げるとつぎの通り。

  • マスターコース(3科目)を選択
  • 小学4年生‥約60万円、小学5年生‥約65万円、小学6年生‥約70万円
    (テキスト代以外をすべて含む)

浜学園の費用は各教室によっても異なるため、事前に確認しておくことがおすすめ。

また自習室代金なども有料・無料などの違いがあるため、総合的な費用については正確に解説することはできません。ここで記載した費用(料金)一覧は、あくまでも1つの目安として参考までに。

浜学園「料金」の感想

MIKI

浜学園の料金は、進学塾としては一般的な価格設定となっています。

したがって浜学園の費用は高いといった印象はなく、ほかの中学受験塾と比較しても同じようなライン。

また悪徳商売(教材の高額販売など)を行っている学習塾と比較すると、

正規料金&正しいカリキュラムで運営している浜学園を選ぶほうが、

学習効果・経済面において大幅に安い費用で利用できます。

テキスト代が別途料金となりますが、この価格設定についても正規料金のため心配なし。基準料金内でテキストを購入でき、しかも高い学習効果が期待できるため極めて良心的です。

浜学園の各種講習費用についても、かなり一般的といえる料金設定。中学受験対策として重要な要素ともいえるため、講習会への参加も含めて総合的に良心的な価格設定であると私は思います。

浜学園の無料体験

浜学園の無料体験

浜学園は「1週間の無料体験授業」を受けられます。

無料お試し体験を行うにはウェブサイトより申請し、とくに浜学園の多忙期などと重ならなければ体験授業を受講可能。このお試し無料体験は、基本的に通年(1年中)受け付けています。

また浜学園の体験授業は「マスターコース」「土曜マスターコース」いずれかを選択でき、まずは入塾テストを受けることが前提で、その結果次第で無料体験の受講不可が決定します。

無料の体験授業を申し込む方法は、WEBまたは各教室事務室より申請できます。

浜学園✅ 体験授業のWEB申請はこちら。

→ 【中学受験】進学教室浜学園

浜学園の退会(解約)について

浜学園の退会(解約)について

浜学園の退塾(解約)方法は、各教室の事務所へ申請すればOK。

浜学園Webスクールを受講している場合は、Webサポートから退会申請を行えば可能。いずれの場合もカリキュラム継続中の退会は難しく、区切りの付いた(新たなカリキュラムスタート)時点で退会申請を行うほうがスムーズに解約へと進めることができます。

また浜学園の休会については、その間は無料で契約を継続可能。この休会についても浜学園の各教室事務室または、Webサポートより申請をすれば可能です。

浜学園「退塾」の感想

Q:2月~新学年で申し込んでいたのですが、一身上の都合で1月末で退塾したい場合、届けの期限はいつか、ご存じの方がおられましたら教えていただけますか?

A:退塾したい時期の、授業スタート直前時間まで可能です。つまりその授業受けずに退塾希望すれば返金してくれます。

出典:inter-edu

浜学園「退会」の感想

MIKI

浜学園の退会方法は、いたって一般的なスタイルであると私は思います。

とくに退会にあたって違約金などが発生することもなく、基本的に退会希望月の1ヵ月前に申請をすればスムーズに退会処理が施されるという流れ。

一昔前までの浜学園は退会申請を行うと激しい引き止めなどがあったという口コミもありますが、最近では昔のような雰囲気もなくスムーズな退会が可能となっているようです。

浜学園の会社概要

会社名株式会社浜学園
住所〒662-0832 兵庫県西宮市甲風園1丁目5番24号
問い合わせ先(電話番号)0798-64-1199

浜学園の中学受験効果

このような動画も参考に、浜学園の効果として私はつぎのような項目が挙げられます。

  • 国内トップレベル(最難関)中学への合格期待効果。
  • 中学受験に対するモチベーションアップ効果。
  • 一流講師・カリキュラムによる安心感アップ効果。

浜学園の効果を一言でまとめると「安心して中学受験を迎えられる」という特徴があるかと。

とくに浜学園の合格実績においては文句のつけようがなく、灘中合格特訓などトップレベル中学へむけた高難易度(高偏差値)の教育を施している点からも、総合的に安心感につながる進学塾ではないでしょうか。

浜学園「効果」の口コミ評判

Q:浜学園の偏差値は一般の学校の偏差値と違うんですか?

A:灘中一般偏差値は76、浜学園灘中合格A判定は63。浜学園合格A判定偏差値40程度の中学は、一般偏差値60程度。学校の100点は、浜の30点というのも聞いた事あります。

出典:Yahoo知恵袋

Q:第一ゼミナールと浜学園の偏差値の差はありますか?(中学受験です)

A:多分、第一ゼミナールは五木の模試を活用していると思うので、浜より5〜10は偏差値が高くついているはずですから浜で50なら五木の模試では55〜60あたりになるでしょう。

出典:Yahoo知恵袋

浜学園「効果」の感想

MIKI

浜学園の効果については、すでに口コミでも評判のように「最高レベル」が期待できる内容。

国内でも最難関といわれる灘中をはじめ、トップレベルに君臨する高偏差値の中学受験において実績もあり、かなり合格へ近づける効果が期待できる進学塾です。

もし浜学園教室が近所に見当たらない場合、ヘタに名の知られない学習塾を選ぶよりも、浜学園のWebスクールで中学受験対策を選ぶほうが大幅に学習効果を期待できるかと。

また浜学園の高いクオリティにより子供自身はもとより、家庭においても「大きな安心感へつながる」といった効果もかなり期待できます。

浜学園のメリット・デメリット

浜学園のメリット・デメリット

浜学園のデメリット

  • 入塾テストに受からなければ始まらない。
  • かなり高難易度の学習となるので途中挫折が気になる。
  • 料金が教室によって異なり明確ではない。

浜学園のメリット

  • 最難関中学の受験対策としては国内トップレベル。
  • 高いモチベーションをもつライバルと切磋琢磨できる。
  • 一部志望校に特化した専門コースがある。
  • 地方に住んでいてもWebスクールで同じ内容を学習できる。
  • 過去の合格実績がかなり豊富。
  • 浜ノート・オリジナル教材により高い学習効果が期待できる。
  • 利用者からの口コミ評判がかなり良い。

浜学園がおすすめの家庭

浜学園がおすすめの家庭

灘中または超難関校受験におすすめの進学塾を探している。

オンラインで難易度の高い中学受験対策をさせたい。

中学受験対策として本当に効果の期待できる学習塾を選びたい。

小学生低学年からの有効な中学受験対策を考えている。

子供のモチベーション向上にもなる進学塾へ通わせたい。

放っておいても中学受験に効果的な勉強ができればありがたい。

適正価格で内容との整合性がとれる学習塾を選びたい。

子供の成績(立ち位置)が常にわかりやすい進学塾を探している。

中学受験への不安を少しでも減らしたい。

二人三脚で中学受験対策のできる学習塾を選びたい。

高品質で口コミ・評判の良い進学塾がいい。

MIKI

この中の1つでも該当すれば、この「浜学園」は最適な選択になるかと。

いま抱えている悩み解消にもつながり、何よりも中学受験(志望校)合格へ向けて、極めて効果的な毎日を過ごせる選択になると私は強く思います。

もちろん、ほかに気になっている塾があればそれでも構いません。

しかし浜学園をこうしてレビューし総括してみると、さすが「東の四谷大塚、西の浜学園」という口コミ評判があるだけに、浜学園は本質部分で中学受験へむけ最大効果が期待できる進学塾であるかと。

まずは無料体験(入塾テスト)を行ってみて、それから継続を考えてみてはいかがでしょうか。

浜学園✅ こちらから「無料体験(入塾テスト)」を受けられます。

→ 【中学受験】進学教室浜学園

浜学園の総合評価

MIKI

今回は「浜学園の口コミや中学受験効果などが知りたい」という疑問に対して、みなさん(利用者)の口コミをはじめ、私自身の感想も口コミとして掲載してきました。

浜学園の総合評価としては「中学受験に極めて強い学習塾」という印象。

私自身も子供2人を中学受験させましたが、浜学園は選んでまず

後悔することはないかと。

昔から、国内を代表する進学塾として口コミ・評判は最高クラス。

また過去にも極めて多くの受講生が存在し、合格実績から考えてみても明らかに優位性が高いため。

とくに「灘中」への合格者数はしばらく日本トップを継続しており、灘中への合格者が多いということは、それ以外の中学校においても極めて期待できる内容であるということ。

もし地方に住んでいれば通塾と変わらないクオリティの「Webスクール」も用意されているので、遠隔学習というスタイルで志望校合格へむけ最適な対策が可能。したがって全国どこからでも、最適といえる志望の中学校対策をできるのが浜学園になります。

本気で志望校合格を目指すのなら、間違いなくおすすめといえる進学塾です。

MIKI

まずは「無料体験」で詳しく探ってみてください。

ただし、入塾テストへ合格することが大前提。

その結果が出てから、浜学園の入塾を考えるのもいいかと思います。

浜学園

お試し無料体験(入塾テスト)はこちら。

【中学受験】進学教室浜学園

タイトルとURLをコピーしました