【小学生低学年】STEAM教育の教材「Wonder Box」を口コミレビュー

STEAM教育の教材「Wonder Box」を口コミレビュー

こんにちはMIKIママです。今回は2020年4月からスタートしたSTEAM教育教材「Wonder Box」を詳しく口コミレビューしようと思います。

これまでに2人の子供を中学受験させてきた経験から、どんな勉強を重ねればより合格へ近づけるのか?について少しは詳しくなったと思います。

そんな経験を活かして、新たに始まるSTEAM教育の教材「Wonder Box」をしっかりとレビューしていきますので小学生低学年から中学受験を目指す勉強方法としてぜひ参考になさってみてください。

STEAM教育の教材「Wonder Box」の口コミレビュー

STEAM教育の教材「Wonder Box」の口コミレビュー

もし「STEAM教育」について詳しく知りたい!ということであれば、後ほどSTEAM教育とは?で解説していますので参考にしてみてください。ここでは「STEAM教育教材Wonder Box」について口コミレビューしていきます。

STEAM教育教材「Wonder Box」とは?

STEAM教育教材「Wonder Box」とは?

公式サイト➝WonderBox

STEAM教育教材「Wonder Box」とは2020年4月にスタートする小学生向け通信教育です。とくに3~10歳の子供に向いています。

これまでにも多くの通信教育がありましたが、勉強だけではなく新たにSTEAM教育として「アート」が加わったワクワク感たっぷりの勉強が期待できる教材です。

タブレットとアナログを組み合わせた新しい勉強スタイル(STEAM教育)によって、タブレット端末画面だけではなく実際に手を動かして”感覚”の部分でも知能育成向上が期待できます。

STEAM教育教材「Wonder Box」の内容

STEAM教育教材「Wonder Box」の内容

STEAM教育教材「Wonder Box」の内容はタブレット端末で操作するアプリ&感覚で勉強のできるキットによって構成されています。

  • アプリ‥これまでのタブレット教材で勉強できた内容が学べる。
  • キット‥実際に手を動かしながら”感覚”で勉強の理屈を学べる。

つまり今までの通信教育では「アプリ」の部分だけで学ぶスタイルでしたが、さらにより理解を深めるために「キット」が同時についてくるといったスタイルです。

STEAM教育教材「Wonder Box」の学習効果

STEAM教育教材「Wonder Box」の学習効果

STEAM教育教材「Wonder Box」で期待できる学習効果として、おもに次の3つが考えられます。

  1. 多くのアプリによる多方面からの教育効果➝左脳を使った部分。
  2. キットによる直感力の向上効果➝右脳を使った部分。
  3. ワクワク感(楽しさ)によるモチベーションアップ効果。

これまでの通信教材と大きく違うところは、おもに「左脳」だけを使った勉強スタイルだったのが「右脳」を同時に使うことで学習効果アップが期待できる部分です。

まさにこの相乗効果を期待できるのがSTEAM教育ならではの特徴で、より効率よく楽しく勉強効果アップが期待できる教材です。

STEAM教育教材「Wonder Box」の費用

STEAM教育教材「Wonder Box」の費用

STEAM教育教材「Wonder Box」の費用については12ヶ月一括払いで月3,700円です。入会金や手数料などは一切かかりません。

料金の詳しい内容は公式サイトでご確認ください。

買い切りではなく、いわゆる「サブスクリプション」のスタイルです。

STEAM教育教材「Wonder Box」のメリット

STEAM教育教材「Wonder Box」のメリット

私が詳しく探って感じたSTEAM教育教材「Wonder Box」のメリットにはつぎのようなものがあります。

STEAM教育教材「Wonder Box」のメリット

  • デジタルとキットによるコンテンツで、STEAM教育をしっかりと受けられる。
  • 中学受験にむけて低学年からより深い考え方が身につく。
  • 2つのスタイルを同時に学習することで効率アップにつながる。
  • 通信教育にしては毎月の費用がかなり安い。
  • 感覚も含めた勉強に関するすべての部分を養うことが期待できる。

考えられるデメリット

STEAM教育教材「Wonder Box」のデメリットには、つぎのことが考えられます。

  • 専用タブレットではないため端末を用意する必要がある。
  • 外出時や移動時はキットで学ぶことが難しい。
  • デジタルコンテンツの数が多いのですべて取り組むのは難しい。

STEAM教育教材「Wonder Box」がおすすめな小学生・家庭

STEAM教育教材「Wonder Box」がおすすめな小学生・家庭

私が考える、STEAM教育教材「Wonder Box」がおすすめな小学生はこんな感じです。

  • タブレット通信教育で長続きできなかった。
  • 中学受験にむけてすべての分野で能力を伸ばしたい。
  • 1つの通信教材ですべての勉強をさせたい。
  • これまでより効率のよい通信教育を探している。
  • 低学年のうちに考え方をしっかりと身につけさせたい。

この中の1つでも当てはまれば、STEAM教育教材「Wonder Box」はおすすめです。

きっと今抱えている悩みがすべて解消できる選択となるはずです。

もし通信教育選びに迷っていればSTEAM教育教材「Wonder Box」はまず候補にお入れになっておくのがおすすめです。
公式サイト:WonderBox

STEAM教育とは?

STEAM教育とは?

STEAM教育(スティームきょういく)とは、 Science(科学)、 Technology(技術)、 Engineering(工学)、Mathematics(数学)を統合的に学習する「STEM教育(ステムきょういく)」に、 Art(芸術)を加えて提唱された教育手法である。

出典:Wikipedia「STEAM教育」

私の子供2人についてはおもな家庭学習方法として、基本教科・英会話・英検という3つの通信教育をコラボさせて中学受験まで取り組みました。

しかしこのSTEAM教育教材においては多くの教材をコラボさせなくても、1つの教材で多くの勉強が可能になっていることがおもな特徴ではないでしょうか。

STEAM教育のメリット

STEAM教育のメリット

STEAM教育教育のメリットにはつぎのようなものがあります。

  • 1つの教材で多くの勉強をこなせる。
  • 多角的に勉強に関するいろいろな方向から学習できる。
  • これまでよりも子供が楽しみながら勉強ができる。

つまり「楽しく効率的」に勉強ができる、というのがSTEAM教育のメリットです。

これからの教育制度の中にも、きっと少しずつ取り入れられていくスタイルではないでしょうか。

STEAM教育がおすすめな小学生

STEAM教育がおすすめな小学生

STEAM教育がおすすめな小学生はつぎのような感じです。

  • 勉強に楽しさを感じることができず続かない。
  • タブレット教材に慣れることができず勉強をしづらそうにしている。
  • とくに図形問題などは実際に見て触らないと理解できない。

このような悩みがあれば、STEAM教育はおすすめかと私は思います。

これまでの教育スタイルとはまた違って、理屈を文章ではなく”感覚”を使ってわかりやすく理解できるため勉強がしやすくなる教育システムです。

私が子供2人を中学受験させるときには、このような「超効率的」な通信教材はありませんでした。

STEAM教育教材をこうして詳しく探ってみるととても興味深い通信教育で、これなら小学生低学年からやっておけば勉強のコツなどが掴みやすくなるのではないでしょうか。

私はこのSTEAM教育教材は、かなりおすすめだと感じます。

もしSTEAM教育に興味があれば、ここでご紹介した「Wonder Box」は間違いなくおすすめな小学生の通信教育だと私は思います。

公式サイトはこちら

STEAM教育の教材「Wonder Box」の口コミレビュー↓ ↓ ↓
WonderBox

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました