【中学受験】小学生の通信教育「いちぶんのいち」の口コミレビュー

【中学受験】小学生の通信教育「いちぶんのいち」の口コミレビュー

こんにちはMIKIママです。今回は小学生の通信教育いちぶんのいち」を口コミレビューします。

私も子供2人の中学受験勉強を見てきて、いろいろな学習教材をチェックしてきました。

そんな経験から、

  • 通信教育いちぶんのいちの詳しい口コミが知りたい‥。
  • 通信教育いちぶんのいちは中学受験の家庭学習にどうなの‥?

そんな疑問が少しでも解消できればと思います。

小学校低学年からの中学受験にむけた勉強方法として参考にしてみてください。

いちぶんのいち「教材内容」の口コミ

いちぶんのいち「教材内容」の口コミ

小学生の通信教育「いちぶんのいち」について教材内容を口コミします。私は4つのポイントがあると思うので詳しくご紹介します。

ポイント①いちぶんのいち「教科」について

通信教育「いちぶんのいち」は、コースの組み合わせにより国語・算数・理科・社会・英語の5教科を勉強できます。

このコースは結構ややこしいので、また後ほどの項目で詳しくご紹介します。

ポイント②いちぶんのいち「教科書準拠」について

通信教育「いちぶんのいち」は、教科書準拠で勉強できる紙学習教材です。

さらに細かく出版茶の調整が出来るため、学校の授業とズレることはほぼなくピッタリの家庭学習が期待できる通信教育になります。

ポイント③いちぶんのいち「コース・料金」について

通信教育「いちぶんのいち」には2つのコーススタイルがあります。

①小学生コース

種類小学1~2年生小学3~6年生教材内容
ベーシック
(国語・算数の基礎)
各月820円簡単な問題の反復学習
小学生版
(国語・算数の応用)
各月820円教科書以外・応用問題など難易度の高い出題
Eコース月305円プリントとリスニングCDのセット
別冊英語1冊1,645円小学生全般向けの英語プリント
生活だけまとめて1年年1,645円 
社会だけまとめて1年年1,645円 
理科だけまとめて1年年1,645円 

したがってこの「小学生コース」では、低学年(1~2年生)は理科・社会を取り組めません。

取り組める教科は、国語・算数・英語になります。

②学びホーダイコース

費用コース小学1~3年生小学4~6年生
年会費1教科2,700円2,700円
2教科5,200円5,200円
3教科7,500円
4教科9,600円
月謝シンプルプラン0円0円
学びホーダイプラン900円
学びホーダイ安心パック1,400円
  • シンプルプラン教科別教材
  • 学びホーダイプラン教科別教材・Web映像授業&テスト
  • 学びホーダイ安心パック教科別教材・Web映像授業&テスト・学習計画

したがってこの「学びホーダイコース」では、年会費+月謝が必要です。

たとえば小学1年生であれば、2,700円or5,200円でOKということになります。

またこのコースでは小学生低学年(1~2年生)&3年生まで理科・社会を取り組めません。先ほどの「小学生コース」の内容と矛盾しているようですがホームページではそのような記載となっています。

ポイント④いちぶんのいち「機能」について

通信教育「いちぶんのいち」は基本的に、プリントを使って取り組むスタイルの教材です。

そのプリントはドリル感覚で進めていくような内容で、教科書準拠のため学校のペースと同じように取り組むことが出来るのが特徴です。

したがってとくに機能面というのは特記事項はありませんが、ひとつだけ取り上げるのであれば「Web映像授業」で動画によって確認できる点になります。

プリントをそのまま使った動画授業なので、わりと理解しやすくわかりやすい動画授業ではないかと私は感じました。

いちぶんのいちと他の教材を比較

いちぶんのいちと他の教材を比較

客観的な視点・思考から、通信教育「いちぶんのいち」を他の教材と比較をしてみました。

いちぶんのいちと「がんばる舎」の比較

いちぶんのいちと「がんばる舎」の比較

いちぶんのいちと「がんばる舎」を比較した場合、もっとも大きな違いは「Web関係」です。

紙学習の内容そのものは両方とも大きな違いはありませんが、さらに「映像授業」で基礎学習に取り組める部分はいちぶんのいちのほうがメリットが多いかと思います。

しかしそれだけ「がんばる舎」の費用は安いので、どちらを選んだとしても料金の安い通信教育で家庭学習に取り組めます。

いちぶんのいちと「ポピー」の比較

いちぶんのいちと「ポピー」の比較

いちぶんのいちと「小学ポピー」を比較すると、学習できる内容に大きな違いがあります。

ポピーはかなりボリュームが多く基礎から応用までしっかりと勉強できる教材ですが、いちぶんのいちの場合はそこまでボリューム感がある紙学習ではありません。

ポピーにはWeb部分がないため映像授業を見ることはできませんが、紙学習として比較した場合にはポピーのほうがボリュームのある内容で勉強ができます。

参考:小学ポピーの口コミ

いちぶんのいちと「進研ゼミ」の比較

いちぶんのいちと「進研ゼミ」の比較

いちぶんのいちと「進研ゼミ(チャレンジ)」を比較すると、これは進研ゼミの方がはるかに優位性の高い通信教育になります。

進研ゼミは2つのタイプ(チャレンジ・チャレンジタッチ)といった紙学習とタブレット学習を同じ金額で選ぶことが出来るため、いちぶんのいちの双方が融合したスタイルとはまた違います。

また学習内容もハイレベルで「偏差値の高い勉強」を実践できるのが進研ゼミの特徴で、中学受験にむけて考えるのであれば進研ゼミの効果は大きいです。

いちぶんのいちで勉強できるレベル

いちぶんのいちで勉強できるレベル

通信教育いちぶんのいちのレベルは、私の口コミでは「標準レベル」です。

小学生に必要な教科はオプションを選ぶことで全て勉強できますが、基礎基本を中心とした学習内容になるため中学受験にむけたレベルの勉強はやや難しいかなと思います。

私の個人的な意見なのでどこまで参考になるか分かりませんが、子供2人を中学受験させた経験から考えた場合にはそのような回答になります。

いちぶんのいちはお試しできる?

通信教育「いちぶんのいち」はお試しができません。

無料お試し体験の設定がなく、代わりになるとすれば「一度契約をして直ぐに退会する」というやり方がもっとも近いのではないかと私は思います。

いちぶんのいちの解約

いちぶんのいちの解約(退会)方法は、電話かメールで連絡をすれば翌月から退会となります。

詳しい内容ないちぶんのいちホームページでチェックなさってみてください。

いちぶんのいちは中学受験におすすめ?

いちぶんのいちは中学受験におすすめ?

通信教育いちぶんのいちは中学受験の「基礎学力作り」にはおすすめと私は感じました。したがって私立の難関校などの受験にはあまりおすすめではありません。

とくに小学生低学年ではじめての通信教育を‥という場合には費用も安く取り組みやすい教材。

しかし学年が上がるにつれて応用部分が多くなると、この通信教育「いちぶんのいち」ではやや物足りなさを感じてくるのではと私は思います。

ぜひ通信教育選びの参考になさってみてください。

 

 人気記事 

【中学受験】実際やってわかった小学校低学年におすすめな3つの教材

コメント

タイトルとURLをコピーしました