中学受験へ間に合わない!というとき超効率でおすすめ時短勉強法

【7月の期間限定】すららキャンペーン
通信教育すららが入会金キャンペーン中。
私も超おすすめのデジタル教材。お早めに!

詳しくはhttps://surala.jp

MIKIママ

こんにちは、子供2人を中学受験させたMIKIママです。

今回は「中学受験へ間に合わない!なにか良い方法教えて!」という切羽詰まった疑問に応えます。

まずは冷静になって、なにが中学受験へ間に合わないのかを判断しましょう。

きっと間に合わないと感じる部分は「苦手解消」「定着」「応用対策」のいずれかではないでしょうか。
(また後ほど詳しく解説します)

もしかすると、これら3つの原因すべてかも。

そこで私は中学受験へ間に合わない3つの原因を、総合的に素早く解消できる勉強方法をお伝えします。

とくに小学6年生で中学受験へ間に合わない!ヤバい!という状況であれば、きっとお役に立てると思いますので参考にしてみてください。

中学受験へ間に合わない!の解消が期待できるおすすめ時短勉強法

中学受験へ間に合わない!の解消が期待できるおすすめ時短勉強法

中学受験へ間に合わない場合は、ぶっちゃけ「オンライン学習」の力を借りるというのが私として超効率的な勉強方法になります。

もちろん多少の費用は必要ですが、間に合わせることができれば多少の出費は御の字かと。

そこで私がおすすめのオンライン学習を、2つのカテゴリーに絞って紹介します。

オンライン学習のカテゴリー特性に合わせ、中学受験へ間に合わない原因の中でも「とくに時短・効率化が期待できる部分」を一致させ根拠とします。

苦手解消・定着が大きく期待できる「デジタル教材」

苦手解消・定着が大きく期待できる「デジタル教材」

おすすめの理由教科書範囲の基礎理解・定着に極めて強い
苦手解消定着応用対策
おもな特徴
  • 小学生全般における基礎範囲を徹底的に網羅できる
  • 基礎理解に役立つ映像授業搭載
  • AIシステムによる苦手箇所の抽出・表示
  • ドリル・テスト機能による定着促進 など

MIKI

中学受験へ間に合わない場合の「基礎理解・苦手解消・定着」が超効率よく期待できる勉強方法です。

とくに即対応が必要な苦手解消に強いAIシステム搭載のオンライン学習で、取り組んだ内容をすべてデータ化(アダプティブラーニング)&フィードバックしてくれるため超効率的。

ドリル問題などを解いて間違った場合はAIシステム機能により「苦手原因」が即表示されたり、問題内容をやや変更して再出題するなど超効率のよい中学受験対策が期待できます。

応用範囲の対策までは難しいですが、小学生の基礎範囲であれば全網羅。したがって徹底的な基礎学習を、さらに効率よく取り組める勉強方法になります。

中学受験までの時間短縮はもちろんスムーズな苦手解消が期待できるため、リズムよく受験勉強できるため学習効果アップも狙えるのがデジタル教材の大きな特徴。時間がない場合には、極めて有意義な取り組み方ができるかと私は強く感じます。

中学受験へ間に合わないときの苦手解消・定着として、考えてみる価値が十分にある勉強方法です。

入会後はすぐにスタートできるので、時間がない場合は極めて時間効率に優れます。

MIKI

とくに私がおすすめするデジタル教材がこちら。

デジタル教材すらら

「デジタル教材すらら」

無学年方式でAIシステム搭載のため徹底した苦手解消が期待。どうしても中学受験へ間に合わないという場合に極めておすすめのデジタル教材です。

✅ こちらから「無料体験」ができます。

https://surala.jp/

※私のレビュー:通信教材すららを中学受験に使った感想を口コミレビュー

デジタル教材デキタス

「デジタル教材デキタス」

ボタン1つで簡単にさかのぼり学習ができ苦手解消につなげやすいのが特徴。基礎学習に必要な機能も豊富に揃っており人気のデジタル教材。

✅ こちらで「無料体験」ができます。

通信教育ならデキタス

※私のレビュー:タブレット学習「デキタス」の授業・効果・料金などを口コミレビュー

 

本格的な応用対策が期待できる「オンライン家庭教師」

本格的な応用対策が期待できる「オンライン家庭教師」

おすすめの理由オンライン学習のなかでも唯一といえるマンツーマン指導の応用対策
苦手解消定着応用対策
おもな特徴
  • 完全マンツーマン指導
  • 中学受験の経験者(講師)が多数存在
  • 出題傾向や効果的な対策を得やすい など

MIKI

中学受験へ間に合わない場合の「疑問解消・応用対策」が超効率よく期待できる勉強方法です。

とくに中学受験で重要となる応用問題について、実際の経験者などから直接指導を受けられるため超効率のよい勉強方法。オンライン指導なので、すぐにとり組めるのも時間効率アップにつながります。

あまり基礎的な学習には向いておらず、効果的な利用方法としては応用範囲へ対する質問や考え方の会得。

さらに完全マンツーマン指導のため、極めて効率に優れながら高い学習効果も期待できる勉強方法。したがって中学受験へ間に合わない場合、かなり有意義な応用対策が期待できるスタイルになります。

ただし注意点として、悪質なオンライン家庭教師も存在するため徹底チェックが重要。

しっかりと健全で正しいオンライン家庭教師を選べば、コスパも良く優れた指導力で中学受験にむけた応用対策を実践できます。

MIKI

私が、とくにおすすめのオンライン家庭教師はこちら。

オンライン家庭教師 e-Live

「オンライン家庭教師 e-Live」

紹介制度による超優秀な講師ばかりで評判の会社。中学受験の経験者も多く、国内一流大学の講師陣が多数在籍。

✅ こちらで「無料体験授業」を受けられます。

オンライン家庭教師【e-Live】

学研のオンライン家庭教師

「学研のオンライン家庭教師」

大手グループで安心感バツグン&膨大な学習データによる効果的な指導で人気。プロ講師も存在しており中学受験対策もバッチリ。

✅ こちらで「詳しい資料請求」ができます。

家庭教師入会問い合わせプロモーション

 

中学受験へ間に合わないときの原因

中学受験へ間に合わないときの原因

私的には、つぎの3つがおもな原因だと思います。

  • 苦手解消ができていない
  • 多角的な出題へ対応するための定着ができていない
  • 中学受験独自の応用対策ができていない

きっと、この中の1つは当てはまるのではないでしょうか。

1つでも当てはまれば中学受験に間に合わず「片手落ち」となってしまうので、すぐにでも対策をとることが超重要です。

さらに詳しく、3つの原因について解説します。

苦手解消ができていない

苦手解消ができていない

私が思うには、いちばん当てはまる原因がこの「苦手解消」だと思います。

点数がとれていない箇所というのは、いわゆる苦手解消ができていないのが原因。苦手で問題を解くことができないため、点数を加算できずにいる状態です。

したがって苦手解消は、いますぐに一刻も早くとり組むことが超重要。ほかの原因はさて置いてもいいので、まずは苦手解消にとり組むことが中学受験の点数アップ直結が期待できます。

苦手解消の方法としては、まず「苦手原因の追求」が先決。

解けない問題を1つずつさかのぼって、いちばん原因となっている単元をしっかりと理解させること。原因を解消できれば、こんどは1つずつ関連する単元を前に進めて、現時点まで理解を追い付かせることが大切です。

中学受験へ間に合わない場合もっとも考えられる大きな原因になるので、まずはこの「苦手解消」について徹底的な対処をおすすめします。一刻も早くです。

多角的な出題へ対応するための定着ができていない

多角的な出題へ対応するための定着ができていない

中学受験へ間に合わない場合「定着がおろそか」なために焦ってしまうのではないでしょうか。

同じ単元の問題を解くことができない、少し角度が違うと解けないなどといった状況は、ほぼ定着がしっかりと実践できていないため起こると考えられます。

定着させるというのは、多角的に問題が解ける状態を指します。

同じ単元でも出題される角度の違いなどによって解けないといった場合は、多くの問題を解くことで徹底的な「定着」を図ることが超重要。いわゆる数稽古によって体に染み込ませる、基礎基本を根本的に理解させることになります。

とくに定着を図るとき重要となるのが、解き方ではなく「考え方」を優先して理解させること。

そのためには基礎基本をまず徹底的に理解させたうえで、さらに多角的な出題に対応できるよう考え方を構築しておくことが大切。考え方をしっかり持てるようになれば、より効率よく定着を図ることが期待できます。

とにかく同じ単元でも、多角的にいろいろな問題にとり組むことが重要です。

中学受験独自の応用対策ができていない

中学受験独自の応用対策ができていない

中学受験は、独自の応用問題が大きなポイントで「いかに解くことができるか」が超重要です。

いってみれば中学受験で出題される独自応用問題というのは、志望校の理念や思想が詰め込まれた問題。したがって応用問題を解けるというのは、極めて中学受験合格を左右する重要な項目になります。

したがって中学受験へ間に合わせるためにも、この応用対策も効率よく行うことが大事。

応用対策として効率的な勉強方法は志望校の過去問を解くことがおすすめですが、どうしても時間がなく間に合わない場合は家庭教師(オンラインも含む)などの活用も極めて効率的です。

とくに中学受験の応用問題というのは、かなり複雑に出題される場合が多いもの。

したがって応用問題が解けるだけではなく、いかに時間を掛けず効率よく解けるかについても考慮して、しっかりと応用対策を行っていくことがポイントになります。

まとめ

MIKI

今回は「中学受験へ間に合わない!おすすめの勉強方法が知りたい!」という疑問に応えてきました。

一般的な勉強方法で中学受験へ間に合わそうと思えば、苦手解消・定着・応用対策を順序よく取り組むことが重要。しかしより時間効率アップを図るには、外部の力を借りるのがおすすめです。

とくにオンライン学習は極めて効率に優れる勉強方法で、AIシステム搭載などにより時間効率が大幅にアップ。さらに時間を要する苦手原因の追究なども、瞬時で簡単に対策できるため有意義な取り組みです。

一刻も早く「中学受験へ間に合わない」という問題を解消するには、やや費用を要してもおすすめの勉強方法はオンライン学習の活用。とはいえ学習塾などと比較すれば半額またはそれ以下の費用で取り組めるため、経済面でもおすすめといえる勉強方法になります。

オンライン学習のなかでも、とくにおすすめのスタイルが解説した2つ。

デジタル教材‥中学受験の苦手解消をはじめ「基礎学習」を効率よくとり組める。

オンライン家庭教師‥中学受験の疑問解消をはじめ「応用範囲」を効率よくとり組める。

いまの状況に合わせていずれか片方、または両方同時に全てをカバーするのもおすすめです。

とにかく今の問題は、中学受験へ間に合わない状況の徹底解消。

そのまま放っておいても一向に良くならないので、少しでも早くスタートすることが重要になります。

中学受験へ間に合わない問題を解消して、絶対合格をめざしましょう。

タイトルとURLをコピーしました